溺れるナイフあらすじ・キャスト|小松菜奈×菅田将暉の激動な日々

2016/10/12

熱狂的に愛され続ける『溺れるナイフ』が待望実写映画化!小松菜奈、菅田将暉のW主演という豪華キャスティングによりSNSを中心に話題となっています。2016年11月5日公開ということで、話題の『溺れるナイフ』をもっと楽しむために予習しておきましょう♪さらに、小松菜奈さんが出演していた過去のCMが再び話題となっているんです!
溺れるナイフあらすじ・キャスト|小松菜奈×菅田将暉の激動な日々

近日公開『溺れるナイフ』待望の実写映画化!

ジョージ朝倉原作のコミックス『溺れるナイフ』。
講談社の「別冊フレンド」に2004年から2013年まで連載され、熱狂的なファンは数知れず。
10代特有の自意識をリアル表現し、透明さと生々しさが混ざりあったこの作品は、連載が終わった今なお、女性男性問わず愛されている作品です。

その大人気作品『溺れるナイフ』が待望の実写映画化!
2016年11月5日(土)に公開という事で今最も話題となっている映画なんですよ!
まるで作品から出てきたかのような、こだわり抜いた豪華キャストには原作ファンも納得の声が上がっています。

『溺れるナイフ』本予告

東京で人気雑誌モデルをしていた美少女・夏芽が、とある事情から田舎へと引っ越してくるシーンから物語は始まります。
そして独特な雰囲気を醸し出す容姿端麗な少年・コウと出会うのです。
10代の特別な一瞬を、激しく悲しく描かれたこの作品は、誰も出会った事の無いラブストーリーとなることでしょう。

主人公である望月夏芽を演じるのは、数々の実写映画でヒロインを務め、底の見えない美しさが魅力的の女優・小松菜奈さん。
そしてもう一人の主人公である長谷川航一郎(コウ)を演じるのは、カメレオン俳優としても有名で、最も旬と言われている俳優・菅田将暉さんのW主演。
ミステリアスな美しさを持ち、深い魅力を持っている二人の演技に、映画『溺れるナイフ』には期待せざるをえませんね!

公開間近となった映画『溺れるナイフ』をもっと楽しむために、あらすじやキャラクターなどの魅力をご紹介します!

『溺れるナイフ』あらすじ紹介

まずは『溺れるナイフ』のあらすじをご紹介します。
15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽。
退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような“閃光”と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗だった。
傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。
失われた全能感、途切れてしまった絆。
傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは―。
東京で人気雑誌モデルをしてきた望月夏芽は、とある事情からド田舎な町に引っ越します。
そこで出会った夏芽の「神さん」となる少年・コウと出会った事により10代の特別な一瞬が始まっていくのです。
ふたりの激しくも切なく、そして愛おしい日々は、きっとあなたを夢中にさせることでしょう。

『溺れるナイフ』魅惑的な登場人物達。小松さんの過去CMが話題に!

映画『溺れるナイフ』の登場人物は、どこか危うくて魅力的。
そこで気になる登場人物をまとめてご紹介します!
きっとあなたも10代の成長しきっていない、背徳を感じさせる彼らの虜になってしまうはず。
『望月夏芽/小松菜奈さん』

長い手足と端正な顔立ちの美少女。
東京のティーンモデルとして活躍していたがとある事情により田舎の町へ引っ越す事に。
自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込むが、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出す少年・コウと出会い、惹かれていく。
口数は少ない方だが、感情的になる面も。
コウを「わたしの神さん」だと信じ、特別に思っている。

小松菜奈さんが演じる夏芽は、まるで漫画から夏芽が出てきたかのように思わせるビジュアルですよね。
さらにSNSでは、過去にdocomoが放送した小松菜奈さん主演の"東京から美少女がやってくる"CMを思い出す、と話題となっているんですよ!
ミステリアスな美貌を持つ小松菜奈さんは、「高嶺の花」「マドンナ」のような役にぴったりですよね!
今回の映画『溺れるナイフ』での夏芽にも期待が高まりますね!
『長谷川航一郎/菅田将暉さん』

容姿端麗で、まばゆい金髪が特徴的な少年。
人を寄せ付けない独特な雰囲気を持ち、先祖代々その土地を守る神主一族であり、跡取り息子。
授業を抜け出したり、「神様がいる」と立ち入り禁止の海に入ったりと、気まぐれで傍若無人。
退屈していたが夏芽の美しさに、自分と対等な力を感じ、惹かれていく。

コウを演じる菅田将暉さんは数々の映画やドラマに出演。
現在放送中のドラマ「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」で謎のイケメン・折原幸人を演じています。
実写映画では『暗殺教室』カルマ役、『海月姫』では女装した美しい男性・鯉淵蔵之介を演じるなど、カメレオン俳優として今大人気な俳優です。

『溺れるナイフ』の登場人物であるコウは、どこか人を惹き付けてやまない少年です。
菅田将暉さんの魅惑的な雰囲気との相乗効果によって、より目が離せない美少年へと変貌していく事でしょう。
『大友勝利/重岡大毅さん』

真面目で心優しく、クラスのムードメーカー的な存在。
夏芽とコウの中学時代のクラスメイトであり、コウとな小さい頃からの幼馴染。
後に夏芽と同じ高校へ進学することになる。
とある事件によりトラウマを負った夏芽を心配し、寄り添ううちに淡い想いを抱くこととなる。

今回コウの親友である勝利を演じるのは、ジャニーズWESTとして活動する重岡大毅さん。
テレビドラマ「ごめんね青春!」の海老沢ゆずる役や、映画「殿、利息でござる!」の音衛門役など、これからも俳優として益々活躍していく事でしょう。
彼の演じる心優しい勝利をどのように演じ、揺れる心を表現するのか注目です。
『松永カナ/上白石萌音さん』

小柄で地味なクラスメイトであり、モデルだった夏芽の大ファン。
転入してきた夏芽を何かと気にかけ、世話を焼く。
コウの幼馴染でもありずっと恋焦がれてきたが、憧れの2人が惹かれ合っていると知ると、2人を特別に思い神聖視するようになる。
高校入学後は化粧を覚え、夏芽をライバル視するようになる。

今回夏芽に対し何かと世話を焼き、後にライバルとなるカナを演じるのが上白石萌音さん。
映画『舞妓はレディ』の主人公・春子役をオーディションで抜擢されるなど、今注目株の若手女優です。
『おおかみこどもの雨と雪』の毛野役で声優に初挑戦し、「君の名は。」ではヒロイン・宮水三葉役を演じ、さらなる話題となっています。

 

映画や舞台、声優など幅広く活躍している彼女が、変貌するカナをどのように演じるのか期待が高まりますね!

まとめ

大人気漫画『溺れるナイフ』の実写映画化、さらにまるで漫画から出てきたかのような豪華キャストには期待しかありません!
魅惑的な美しさを持つ小松菜奈さんと、菅田将暉さんが演じる彼らに注目ですね!
『溺れるナイフ』で描かれる"10代の特別な一瞬"に、きっとあなたも夢中になってしまうはず。
公開される2016年11月5日が待ち遠しいですね!
28 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -