歯を白く見せられる?!印象力抜群の”白い歯”メイク術とは?

2016/09/22

歯が白く美しいと、いろいろなシーンで得をすることがたくさんあります。白い歯はなんと言っても清潔感があり、美意識の高さや育ちの良さを印象づけるのに効果的です。また顔の中で、「白目の部分」と「歯」の2つのパーツが白いほど、顔全体が明るくきれいに見えるという法則も知られるようになりました。そうは言っても、歯の色にいまいち自信が持てない…という人も、あきらめるのはまだ早い!実は錯覚を利用した簡単なメイクテクで、歯をある程度白く見せることができるのです。
歯を白く見せられる?!印象力抜群の”白い歯”メイク術とは?

白い歯メイク|リップカラー選びの基本となる色系統

歯の色は、すぐそばのリップの色と影響し合う関係にありますが、市販されている製品はそれこそ星の数より多いほどで、選ぶのに迷いますよね。

リップカラーは、色系統としてはレッド系、オレンジ系、ピンク系、ローズ系、ベージュ系、ブラウン系などに大きく分けられ、まずは自分の顔やイメージに合う色系統から絞り込んでいきましょう。

このうちからさらにオレンジとピンクの中間色である「コーラル」、レッドと黄味がかったピンクの「ピーチ」などは、アジアの女性には特に肌なじみが良いトーンです。

白い歯メイク|歯の黄ばみをカバーするには黄味のないリップカラーを

リップカラーを選ぶとき、たいていは自分の肌色を基準にしますが、この方法は歯の色に対しても大まかには当てはまると考えて良いでしょう。

但し、歯の色が黄色味を帯びている人は、それを強調するオレンジやブラウンなどイエローベースのリップカラーは避けるのが鉄則です。

肌色がイエローベース(オークル系、ブラウン系など)の場合は、ややダークなレッドやボルドーなど、肌色がブルーベース(ピンク系など)の人は深みのあるローズなどを選ぶと、対比効果で歯の白さを強調することができます。

白い歯メイク|ゴールドのツヤ感で歯の黄ばみをカモフラージュ

リップグロスでツヤ感を出すときは、パールやラメのトーンにも注意しましょう。

パールやラメは、白っぽく光るシルバー系よりも、ゴールド系のほうが良くなじみ、歯が白く見えます。

また、リップペンシルやコンシーラーなどで唇の輪郭を作るなど、ていねいに手間をかけることもポイントです。

白い歯メイク|魅惑のブロンズ肌で白い歯を演出

リップメイクをがんばるなら、肌づくりのポイントもおさえておくと役立ちます。

歯を白く見せたいなら、肌は地色より少しだけ暗めに作りましょう。

これは日焼けした人の歯が白く目立つのと同じ理屈で、ブロンザーなどでシェーディングするだけでも効果が分かります。

自然な仕上がりに見せるにはややテクニックが必要ですが、夏場にぴったりのメイクです。

白い歯メイク|ホワイトニングで無敵の白い歯を手に入れる

メイクの理論から言えば、目もとや唇、肌などを目立たせたインパクトの強いメイクをすれば、歯の色が白く見えたり黄ばみが目立たなくなると考えがちです。

しかし、メイク効果だけで白い歯を演出するのにも限界があるという現実も、受け入れなくてはなりません。

審美歯科のホワイトニングで得られる白い歯は、肌を明るく見せて表情に若々しさをもたらします。

さらには、肌に透明感が生まれることで、似合うメイクそのものが根底から変わることも、嘘のようですが本当にあるのです。

ホワイトニングで白い歯のパワーを実感したら、昨日とは違うまぶしい自分に手が届くでしょう。
【記事提供】
19 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -