舞台『弱虫ペダル』~箱根学園新世代、始動~新キービジュアル公開!

2016/08/24

大人気自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』。何度も舞台化され、今や"ペダミュ"と称され、さらに愛されていますよね。そんな舞台『弱虫ペダル』が、新キービジュアルを公開したんです!
舞台『弱虫ペダル』~箱根学園新世代、始動~新キービジュアル公開!

舞台『弱ペダ』新キービジュアル公開!気になるキャラ写真は?

幅広い世代から絶大な支持を集める、大人気自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』を原作とした舞台『弱虫ペダル』。
派手な演出と実力派俳優陣の熱演がさらに人気を博し、2012年から何度も上演された、今話題の舞台作品です。

そんな舞台『弱虫ペダル』が新キービジュアルを発表しました!
「箱根学園(ハコガク)新世代、始動」のタイトル通り、新キャストが多数参加!
また、新開隼人役の宮崎秋人さんも久々の参加となりました。
泉田塔一郎役の河原田巧也さんと共に"初座長"を務める人気舞台俳優、東啓介さんにも大注目ですね!

葦木場拓斗を中心に箱根学園の新世代達が並ぶキービジュアルは、
新世代達のこれからの期待と不安、そして成長し挑もうとするキャラクターの心情を伺う事ができますね。
ますます今作の舞台に期待が高まります。

気になるキャラクター写真は、2016年8月26日(金)21時からBSスカパー!ドラマ『弱虫ペダル』にて発表とのこと。
ペダルファンは見逃せませんね!

今回は舞台『弱虫ペダル』についてご紹介します。

座長を務めるのはこの二人!大人気舞台俳優に注目

2016年3月に上演されたシリーズ第8弾「~総北新世代、始動~」では新キャラ、新キャストが多数参加し、新世代の始動を思わせる作品となりました。

今作の舞台「~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~」では、
多くの新キャストが参加しています。
今回は座長を務める2名にピックアップし、ご紹介させていただいます。
葦木場拓斗 役:東啓介さん

187cmの高い身長と、甘いマスクで今大人気の舞台俳優。
今回も葦木場拓斗役として初座長を務める事となりました。
東啓介さんは他にも『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 燭台切光忠役や、
『薄桜鬼』原田左之助役など、イケメンキャラを担当することが多く、
演技力や歌唱力も高いので、初めて舞台を見た人でも東啓介さんに魅了されるファンが多いとのこと。

葦木場拓斗役として、今はどのような演技が見れるのか気になりますね!
泉田塔一郎 役:河原田巧也さん

可愛らしい顔と表情が魅力的。
今回は東啓介さんと共に座長を務め、ファンからの期待も高まっています。
河原田巧也さんは他にも『黒執事』NOAH'S ARK CIRCUS フィニアン役や、
『遙かなる時空の中で5 風花記』チナミ役など、かっこ良くてかわいい、
男性では少しむずかしい役を見事演じ、女性ファンからの支持も多いそうです。

泉田塔一郎役として、今作の演技にも注目です!



葦木場拓斗役の東啓介さんと泉田塔一郎役の河原田巧也さんがまとめる、
箱根学園の新世代に期待しかありませんね!
今後とも目が離せません!

心を揺さぶる。舞台『弱虫ペダル』の魅力

舞台『弱虫ペダル』は2012年から何度も上演し続けている、今最も熱い舞台とも言えます。

その理由は気鋭の演出家 西田シャトナーさんが、
独自に生み出した表現技法「パズルライドシステム」を駆使し、
見ている人を引きこむからなんです!

「パズルライドシステム」とは自転車そのものは使用されず、スクリーンも映像も皆無。
演者はハンドルのみを持ち舞台で演技するというもの。
演者たちの限りなく高められた表現に魅了されてしまうそうなんです。

体勢や足踏みはキャラクターごとに異なり、
まるで演者が本当に自転車に乗っているかのように思えてきます。
実際生で見た人でしか味わえない、舞台『弱虫ペダル』の臨場感をこの機会にぜひ!

原作の『弱虫ペダル』にあなたも感動する

舞台『弱虫ペダル』の原作である漫画は、今や幅広い世代から支持された超人気作品。
本格的なロードレースの自転車競技を題材にし、
登場人物の友情や成長に男女問わず魅了されるはず。
「弱虫ペダル」孤独なアニメオタクの少年、
小野田坂道がひょんな事から総北高校自転車競技部に入る事からはじまります。

同級生の今泉俊輔と鳴子章吉と友達になり、
今まで経験したことのない「自転車で速く走る楽しみ」を見出すのです。

小野田坂道は小学生から秋葉原に自転車で通い続けたために鍛えられた、
上り坂に強い"クライマー"としての才能を開花させていきます。
辛い道をひたすら仲間と共に走り、
最初はぶつかっていた心も、いつしかかけがえのない友情へと変わっていくその姿に、
きっとあなたも感動するはず。

すでにアニメ化もされており、アニメの感動を舞台で味わいたいファンがチケットを求め殺到。
チケットが販売、予約の日になるとSNSで歓喜の悲鳴や絶望の声が聞こえてくるほどです。

まとめ

今回は舞台『弱虫ペダル』の新キービジュアル発表を中心に、
キャストや原作についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

舞台をまだ味わった事がない!という方はぜひこの機会にチケット争奪戦に参戦してみては?
一度見ると何度でも味わいたくなる、そんな魅力満載の舞台『弱虫ペダル』。

見ればきっとあなたもハマってしまいますよ!
23 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -