リオで大注目!話題の「ボッチャ」って何?

2016/09/13

リオデジャネイロ・パラリンピックで日本のボッチャ団体がなんと初のメダルとなる銀を獲得しました!そんなお祝いムードの中、今更人に聞けない"ボッチャ"ってどんなスポーツなのか、ご紹介します。
リオで大注目!話題の「ボッチャ」って何?

ボッチャで日本は銀メダル獲得!

リオデジャネイロ・パラリンピックでは2016年9月12日(日本時間13日)ボッチャ団体の決勝が行われました。
世界ランキング7位の日本と世界ランキング1位のタイが激闘を繰り広げ、1位には及びませんでしたが日本ボッチャ初メダルとなる銀を獲得しました!

ここでみなさんに質問。
"ボッチャ"がどのようなスポーツがご存知でしょうか。

ニュースや情報雑誌などを見て、なんとなく知っているって方が多いと思います。
でもボッチャどのようなルールのもと、どのような人達がやっているのか、聞かれてもわからないって方が多いと思います。

そこで、今回はボッチャについて詳しくご紹介します。
これで誰かにボッチャについて聞かれても恥ずかしくありませんよ!

パラリンピック公式競技「ボッチャ」とは?

ボッチャ(Boccia)とは、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために、ヨーロッパで考案されたスポーツです。
現在ボッチャはパラリンピックの公式種目となっており、全世界40カ国以上に普及しています。

尚、日本でのボッチャの歴史は長くなく、日本に紹介されたのは1980年代となってからとのこと。
当初はレクリエーションの用途で取り入れられて、後に日本ボッチャ協会が設立されるなどして、全国的に広まりました。
日本は2008年の北京大会から、パラリンピックに選手を派遣し、今年までメダルを獲得したことがありませんでした。

ボッチャを簡単に説明すると、赤・青のそれぞれ1エンドあたり6球ずつ、投げたり、転がしたり、他のボールに当てたり、いかにジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに近づける事ができるかを競います。
1対1の個人戦、2対2のペア戦と、3対3のチーム戦があり、男女の区別はなく、柔道の体重別と同じように障がいの程度によってクラスが分かれ、同じクラスの選手同士で競い合います。

ボッチャの基本ルール

ボッチャとは子供から大人、障がい者まで楽しめるレクリエーションスポーツです。
なので難しいルールは基本存在しませんが、一度きちんと知っておきましょう。

【基本ルール】

赤(先攻)青(後攻)の革製ボールをジャックと呼ばれる白い球にいかに近づけるかを競う競技です。
※先攻後攻のボールを選択はコイントスによって決めます。
ボールを投げる順番も決まっており、赤のボールを手にしたチーム(赤チーム)がまずジャックボール(白ボール)を投げ、その投げた人がそのまま赤のボールを投げます。
(※ジャックボールはコートのV型のラインを超えなければなりません。)
その後青のチームが青ボールを投げ、この一投以降はジャックボールから遠いボールのチームから投げていきます。
一方のチームの投げるボールがなくなれば、連続してボールを投げられます。

尚、ジャックボール自体や他のボールに当たっても、そのまま続行します。
自分の球をジャックボールに近づけたり、相手チームのボールにぶつけて距離を取らせたり、どのように投げ勝利に導いていくかが肝となります。

【勝敗】

各ラウンドが終了すると、審判が得点を出します。
その算出方法は、まず両チームの最もジャックボールに近いボールを比較し判定します。
ジャックボールから近かったチームには、ジャックボールから遠かったチーム側の最も近づいたボールより、さらにジャックボールに近かったボールに各1点が入ります。
ゲーム終了後に合計得点数が高い方が勝利となります。

ボッチャのクラス分け

ボッチャには他の競技同様クラス分けがされており、そのクラス分け基準は障がいの程度によって振り分けられます。
振り分けられたクラス同士で試合を行います。
公式大会で振り分けられるクラスは全部で以下4つです。

◆BC1:車いす操作不可で四肢・体幹に麻痺がある脳性麻痺者か、下肢で車いす操作可能な脳性麻痺者(足蹴りで競技)
個人の部とチームの部がある。

◆BC2:上肢で車いす操作可能な脳性麻痺者
個人の部とチームの部がある。

◆BC3:投球不可のため、介助者により勾配具(ランプ)を使用し競技する者(脳性麻痺以外の障害も含む)
個人の部とペアの部がある。

◆BC4:BC1・2と同等の機能障害がある脳性麻痺以外の重度四肢麻痺者(頚髄損傷、筋ジストロフィーなど)
個人の部とペアの部がある。

全クラス車いすを使用している事が条件です。
日本国内では上記4つのBCクラスに該当しない選手も大会に参加できるように、"オープンクラス"(車いすで競技するオープン座位の部、立位で競技するオープン立位の部の2クラス)があります。

実は映画の題材にもなっています。

今話題のパラリンピック公式競技ボッチャですが、なんと過去にボッチャを題材にした映画がありました!
2014年1月31日に公開された映画「抱きしめたい-真実の物語-」。
若手女優の北川景子と錦戸亮がW主演、監督には「黄泉がえり」や「どろろ」を世に送り出した塩田明彦が監督を務めました。

壮絶な交通事故に遭ってしまったヒロインは、左半身と記憶能力に後遺症が残りながらも明るく生き、彼女を愛する青年との切なくもはかない運命を、実話を基に描いた感動ラブストーリーになっています。

まとめ

ニュースで流れているだけではボッチャがどのような競技で、どのようなルールなのか少しわからないですよね。
なので今回は今話題となっているパラリンピック公式競技ボッチャについてご紹介しました。
これでいつボッチャについて聞かれても問題ありませんね!
18 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -