【スポーツの秋】今年こそ頑張りたい女子のためのランニング入門♡

2016/09/15

いよいよ暑さも落ち着いて、本格的に秋に突入。秋は、どのショーケースを覗いても美味しいものがたくさん。「食べたいものは食べたいんだよー!(涙)」と叫びたくなるのも、体重が気になるからこそ。「食欲の秋」を満喫するために、「スポーツの秋」もちゃんと視野に入れておきましょう♪今回は、超初心者ランニング入門として、頑張りたい気持ちを応援します!
【スポーツの秋】今年こそ頑張りたい女子のためのランニング入門♡

「痩せるために走る」ということ

今年こそはスポーツの秋に痩せる!そのためにランニングを!と考えているあなたへまず考えてもらいたいことです。

一口にランニングといっても、目的もやり方も様々ですよね。
そこを考えるだけで腰が重い・・・なんて人もいるのではないでしょうか。
そんな方のために、必要な情報だけをまとめると、コチラ。

★「痩せるために走る」ポイント

1.走り方・・・有酸素運動
2.走る量・・・20分以上
3.走る頻度・・・週3回くらい
4.心構え・・・一気に頑張らない。長期的に続けることが大事。

とりあえず、これだけ押さえておけば大丈夫です。
それぞれもう少し詳しく見ていきます。

1.走り方・・・有酸素運動

短距離走のように、爆発的にエネルギーを使うのではなく、心拍数を一定に保って長時間走るのが「有酸素運動」での走り方、ということになります。
目的は“痩せること”なので、【酸素を利用して脂肪を燃焼する方法】をとりましょう。

2.走る量・・・20分以上

酸素を利用して脂肪を燃焼したいのですが、残念ながら走り始めてすぐの時間帯は脂肪よりも別のエネルギー物質が消費されます。
脂肪の燃焼の方が活発化するのは走り始めてから20分後と言われています。
痩せるためには、【20分後からどれだけ長く運動できるか】がポイントなのです。

3.走る頻度・・・週3回くらい

毎日できれば一番いいですが、慣れていないうちは思ったよりも身体は疲れるし、他にやりたいこともたくさんありますよね。
「毎日絶対走らなければナラナイ・・・!」なんて強迫観念でストレスをためては元も子もありません。
身体や心と相談しながら、【週3回位を目安】にすることをお勧めします。

ただし「甘え」は禁物ですよ!

4.心構え・・・一気に頑張らない。長期的に続けることが大事。

人の脳は、潜在的に「変化」を「危険なもの」と認識するといいます。
つまり、あまり急にやる気をだすと、脳が「え?!どうした?!よーし、元に戻さなきゃ!」と頑張り、数日後、朝起きたら突然やる気がなくなってしまう、ということです。
みなさんも経験、あるのではないでしょうか。

というわけで、心構えとしては【一気に頑張らない】。
少しずつ、少しずつ、長期的に続けることが大切です。

「ナニ着て走るか問題」を解決して、スポーツの秋に取り組む

走り方と理屈を理解したら、あとは走るだけの、はずですが・・・
ここで大問題が浮上!
着るものが決まらないと、外には1歩たりとも出られないのだから!

「まずは何を用意したらいいの?」そんな疑問にお答えします。
部活のように、Tシャツにジャージで走るのももちろんOK!
でも、「見た目から入る」とはよく言ったもので、可愛い格好はやる気を引き出しますよね♪
頑張りすぎないけど、ちょっとはこだわりたい方へ、最初の一揃えをご紹介します。

大前提:季節や気候に合った服装で!

痩せたいからといって、真夏に思いっきり着込んで汗だくで走る・・・
これでは、上手に体温調節ができず身体を壊してしまいます。

夏には半袖のTシャツ、春や秋には長袖のTシャツ、春先や秋も深まってきた頃にはウィンドブレーカーを着るなど、季節感を大事にアイテムを選んでいきましょう。

スポーツの秋は最初と最後の頃では気候も違ってきます。
まずは身体を冷やさないように心がけましょうね。

1.靴

運動用のスニーカーであれば走れます。
ただ、慣れてきて、走る距離が長くなれば、靴は非常に重要なものになってくるので、身体に負担をかけないためにも、ランニングシューズを買うのもいいでしょう。

ランニング人口の増加で、大型のスポーツショップに行けばお気に入りの1足が見つかるはずです。
買うのであれば、初めは全体的に厚みのあるものをおすすめします。
つまり、安全性重視!
着地の衝撃を吸収してくれるので、足の裏の痛みを軽減してくれます。

2.帽子

意外と後回しになりがちですが、絶対最初の一揃えに入れていただきたい・・・!
日焼け対策、大事です。

3.Tシャツ

TVで見る本格的なランナーさんのように、おへそを出して走る必要はありません!
まずはTシャツでいきましょう。

季節によって素材は通気性や保温性などで変わりますが、白やダークグレーのスポーツ用の長袖のインナーに、ピンクやブルーといった普段は着ないような色のTシャツを重ね着するこだわりを持ってる人もいるみたいですよ。
これだと、ランニングしている人が多い河原でも、近所の公園でも対応できますね。

4.スパッツ・タイツ×ランニングパンツ

このボトムスの組み合わせだけで、一気に「ランニングするんだ・・・!」という気分になります♡
ランニングパンツは、短ければ短いほど動きやすいですが、自分が落ち着く丈でOK です。


なんと、これだけで、走る格好は出来上がりです!
もっと本格的に走りたいと思ったときには、トレーニング用の下着や、専用の時計、距離や速さに合わせたシューズの選び直しなど、自分のスタイルを極めてもいいですね。

最初のランニングウェア選びに迷った時に頼りになるのがユニクロ。
初心者向けにまとめてあるので興味のある方はどうぞ♡

走るまえ・走ったあとに大切な事~スポーツの秋を楽しく過ごすために~

着るものが準備できたら、あとは走るだけです。
最後に、走る前・走った後に大切なことをお話ししておきます。

1.食事と給水

「痩せるために走る」についてお話ししてきましたが、だからといって、何も食べずに走る、なんて言語道断!
ランニングでは、たくさんのエネルギーを消耗しますので、必ず適切な食事をとりましょう。
タンパク質は特に大事です。
栄養のバランスの良い食事を心がけましょう。
直前ではなく、できれば3時間ほど前に食べておくと良いと言われていますが、自分のペースで、可能な限り試してみましょう。

水分は、起きてから走るまでに、何回かに分けていつもより多めに摂っておくと◎
慣れてきて長時間走れるようになったら、走っている最中の給水も忘れずに。

2.走る前・走る後のストレッチ!

もちろん、走る前にはみなさん、準備運動としてストレッチをすると思いますが、アフターケアも同じくらい大事なのです。

痩せやすい体づくりのために、ランニングの後や1日の終わりには、簡単なストレッチをして、心も体もスローダウンさせましょう。
ストレッチは10~30秒をかけて、身体の各所をゆっくりと伸ばしていきましょう。
腹式呼吸を行えば、より効果的です。

さっそく、チャレンジ♪(まとめ)

いかがでしたか?
今回は、今すぐにでもランニングを始められるよう、基本的な知識をご紹介しました。

食欲の秋を楽しむためには、もちろん運動も大事!
「スポーツの秋」をきっかけに、是非あなたも、健康美人な生活をスタートしてみてください・・・☆

一人で続けるのはシンドイと思った時などは、友達や家族などにもコツを教えて、巻き込んで一緒に楽しんじゃいましょう。
37 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -