美人度アップ!歯に付かない口紅の塗り方をマスター☆

2016/08/31

どんなバッチリメイクの美人でも、前歯にベタッと濃い色の口紅がついていたら、とんだツヤ消しになってしまうものです。口紅の付いた歯は、それだけでだらしなく無神経で、イタい女性という印象を与えてしまいます。さらにこの悲劇の本質は、本人以外のほぼみんなに気づかれてしまうところにあると言えるでしょう。ワンランク上のいい女を目指す人にとって、「歯に口紅」はまさに大敵!歯に口紅を付けない上手なリップメイクのコツはないものでしょうか?
美人度アップ!歯に付かない口紅の塗り方をマスター☆

口紅の付着事故原因のトップは「お口の乾燥」

歯に口紅が付着する原因については、様々な理由が挙げられています。
たとえば、前歯の表面や歯ぐきなどの粘膜部分が乾燥していると、口紅が付きやすくなります。

おしゃべりに夢中になっているときは特に要注意!
気づかれないように、ときどきは舌で前歯の表面をぬぐって湿らせておくと、口紅の付着はかなり防ぐことができるようです。

もしくは、会話の合間に水を少し含むなどのほうが、上品な解決方法かもしれませんね。

塗る範囲&笑顔のサービスも控えめに

人によっては、歯に口紅が付きやすい顔かたちであることが原因になっていることもあります。

そういう場合は、唇の内側深くまでリップカラーを塗らないように気をつけてください。

また、笑うと歯ぐきが露出しやすい人は、乾燥によって歯だけでなく歯ぐきにも口紅がつく可能性が高いので、笑顔はいつもより4割減くらいにとどめておくのが無難です。

「落ちにくい口紅」を信じてみる

歯に口紅を付けたくないときは、「歯に付きにくい口紅」と銘打った製品を選ぶのも一案です。

カップに跡が付きにくい、色移りしない、彼とキスしても大丈夫などなど、自信にあふれたコピーのリップ製品なら、歯にも付きにくいフォーミュラであることがほとんどです。

また、長時間落ちにくいロングラスティングタイプの製品も同様の効果が期待できます。

なおこれらは、言葉の通り本当に落ちにくくできているので、専用のクレンジング料やリムーバー製品があれば、必ず同時に購入することが大切です。

地味だけど効果大の「ティッシュオフ」

濃い色のリップメイクをキープするには、ティッシュオフを繰り返しながらカラーを重ねる方法もあります。

ティッシュで押さえて余分な油分を吸収しながら、色素を重ねて定着させるというしくみです。

もっと確実なフィックスを狙うなら奥の手として、カラーを塗ってからフェイスパウダーで押さえる、という手順を繰り返します。

パウダーが口紅の定着を助けるだけでなく、にじみも防いでくれます。

見直したいリップペンシルの底力

一般に、口紅のにじみ防止にはリップペンシルが効果的といわれていますが、ペンシルでぐるりと輪郭を囲むメイクは古臭く、真ん中のカラーが落ちて輪郭だけ残った顔が間抜けすぎるという問題もあります。

しかし、歯に口紅を付けたくない場合、リップペンシルだけで唇全体を塗りつぶすという方法は試す価値十分です。

歯に付かないのはもちろん、一日でも塗り直しが不要という抜群の持ちの良さに感激することでしょう。

ともあれ、濃いリップカラーをつけた日は、いつもとちょっと違う特別な日。

よりレディらしいふるまいが求められることは確かなようですね。
【記事提供】
19 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -