恋愛アニメ映画5選|思わず泣ける、切なくも愛おしいラブストーリー

2017/04/04

少しだけ切なくて愛おしい、そんな恋愛ストーリーをじっくりしっとり堪能しませんか?そんなアニメが好きな女性におすすめの、思わずホロリと泣ける恋愛アニメ映画をご紹介します。
恋愛アニメ映画5選|思わず泣ける、切なくも愛おしいラブストーリー

恋愛アニメ映画【たまこラブストーリー】

まず最初にご紹介する恋愛アニメ映画は「たまこラブストーリー」です。
「たまこラブストーリー」は、2014年4月に放映された恋愛アニメ映画。

2013年1月に京都アニメーションにより放送されたアニメ「たまこまーけっと」の続編であり、完全新作アニメ映画です。
アニメでは主人公・たまこと、謎の言葉を話す鳥・デラ・モチマッヅィとの不思議な1年を描いていますが、映画ではたまこと、幼馴染の少年・もち蔵にフォーカスを当てたラブストーリーとなっています。
【あらすじ】

春。
高校3年生に進級しても北白川たまこの頭の中は相変わらずおもちのことばかり。

春の夕暮れ、学校の帰り道。
たまこやみどりたち仲良し4人組は進路の話をしていた。
みんな不安をかかえながらも将来のことをちゃんと考えている様子。
たまこも、何気なく、将来が家業を継ぐと答える。

同じ頃、たまことお向かいの家でずっと一緒に過ごしてきたもち蔵も、ある決心をしていた。

周りの色んなことが変わっていって、
少しずつ、少しずつ、たまこの心は揺れ始める……。
主人公・北白川たまこの声を演じるのは、声優・洲崎綾さん。
幼馴染の少年の声を演じるのは、声優・田丸篤志さん。
他にも、声優・金子有希さん、藤原啓治さん、日笠陽子さんなど、豪華声優陣が出演しています。


学生時代の焦れったいような、甘酸っぱいラブストーリーです。
幼馴染の少年の思慕が、とにかく愛おしくて胸がキュンとしてしまうんです…!
真っ直ぐな気持ちは私達の心を鷲掴みし、感動で思わずホロリと涙がこぼれます。

アニメを視聴しなくても十分楽しめますよ!
ですが、アニメ「たまこまーけっと」を視聴してから、このアニメ映画「たまこラブストーリー」を視聴すると、より深い内容を理解する事ができ、さらに感情移入できるので、おすすめです。


【たまこラブストーリー】
アニメ映画公式サイト:http://tamakolovestory.com/

恋愛アニメ映画【聲の形】

次にご紹介する恋愛アニメ映画は「聲の形」です。
「聲の形」は、2016年9月に放映された恋愛アニメ映画です。

「聲の形」は、大今良時氏による大人気漫画。
"聴覚障害"や"いじめ"という重い題材にも関わらず、その人の心を揺さぶるようなストーリーは世間から大きく評価され、多くの章を受賞しています。
アニメ映画に生まれ変わった「聲の形」は、人気アニメを輩出している京都アニメーションが手掛け、第40回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞しています。
【あらすじ】

"退屈すること"を何よりも嫌う少年、石田将也。
ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。
しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。

やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
"ある出来事"以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。
これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。
登場キャラクターの声を演じているのは、声優・入野自由さん、早見沙織さん、悠木碧さん、小野賢章さん、金子有希さん、石川由依さん、潘めぐみさん、豊永利行さんなど、豪華声優陣が担当しています。

題材にしているものが非常にデリケートで、そしてとても重い作品です。
罪の意識を抱きながら生きている2人が、お互いに1歩踏み出す時、そして惹かれ合う時、きっと泣いてしまうはず。
主人公達の周囲にいる友人達もそれぞれ苦悩を抱えており、まだ幼い彼らが少しずつ成長していく姿はまさに感動の2文字。
また、主人公とヒロインのキュンとする恋愛シーンは、思わずニヤけてしまいますよ!
ぜひ美しい映像美と共に、彼らの不安定でむず痒くなるような恋愛ストーリーを視聴してくださいね。


【聲の形】
アニメ映画公式サイト:http://koenokatachi-movie.com/

恋愛アニメ映画【ハル】

次にご紹介する恋愛アニメ映画は「ハル」です。
「ハル」は、2013年6月に放映された恋愛アニメ映画です。

「アオハライド」や「ストロボ・エッジ」などを描いた漫画家・咲坂伊緒氏がキャラクター原案を担当した事で、女性から大きな注目を浴びた1作です。
京都の風情ある街並みと、ロボットなどの近未来を匂わせる正反対なイメージが重なり合って作られた、近未来ラブストーリーとなっています。
【あらすじ】

「くるみに、生きていることを思い出させるために、ボクは人間になった」

ハルとくるみの幸せな日常。
いつまでも続くと思っていた日々は、飛行機事故で突如終わりをつげた。
けんか別れのまま、最愛のハルを失い、生きる力を失ってしまったくるみ。
彼女の笑顔をとりもどすため、ヒト型ロボットのキューイチ<Q01>は、ハルそっくりのロボハルとしてくるみと暮らすことに。
ロボハルの頼りは、かつてくるみが願い事を書いた、ルービックキューブ。
色がそろうごとに溢れてくる、くるみの想いに応えるため、ロボハルが奮闘するも、くるみはかたくなに心を閉ざしたまま。
ロボハルを作った荒波博士、そして京の街の人たちに助けを借りながらも、ロボハルは、人について、そしてくるみについて知っていく。
少しずつ打ち解けるロボハルとくるみだったが…。
登場キャラクターの声を演じているのは、声優・細谷佳正さん、日笠陽子さん、宮野真守さんなど、豪華声優陣が担当しています。

 

人とロボットの奇跡のラブストーリーは、号泣必至。
少しずつ紐解いていく真実は、予想できない展開へとあなたを導いていく事でしょう。
そして全てを理解した時、涙と共に、少しだけ背中を押されているような気分になります。

 

「ハル」は、ぜひ1人でゆっくりと見てほしい恋愛アニメ映画です。

 

【ハル】
アニメ映画公式サイト:http://hal-anime.com/

 

「ハル」に出演している、声優陣については、
【宮野真守さん】宮野真守さん出演恋愛ゲーム3選!その声に恋をする。を、ご覧ください。

 

恋愛アニメ映画【言の葉の庭】

次にご紹介する恋愛アニメ映画は「言の葉の庭」です。
「言の葉の庭」は、2013年5月に放映された恋愛アニメ映画です。

「君の名は。」や「秒速5センチメートル」をなどを手掛けている、新海誠氏の監督作品。
当時、新海誠氏の初めての恋を題材にした物語と称しています。
当初は配信やDVDのみの小規模な作品で終える予定でしたが、その人気から最終的には劇場で公開される形となりました。
海外からの評価も高く、さまざまな栄誉ある章を受賞しています。
【あらすじ】

靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。
ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。
ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。
居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。
六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。
雨の日に出会う、2人の声を演じているのは、声優・入野自由さん、花澤香菜さん。

美しい映像と心にすとんと落ちてくるストーリーは、見た人をたちまち虜にさせる事でしょう。
また、このアニメ映画は、"雨"が多くの表現を担っていると言って過言ではありません。
繊細に描写された雨は、登場キャラクターの些細な心の動きを表現しており、言葉と同じように語りかけてきます。

そんな美しい描写の中描かれる2人のストーリーは、しっとりと進み、気づいたらウルっと目に涙が溜まります。
登場人物の1人である女性と、どこか自身と重なる部分が増え、いつの間にか感情移入しているはず。


【言の葉の庭】
アニメ映画公式サイト:http://www.kotonohanoniwa.jp/

恋愛アニメ映画【時をかける少女】

次にご紹介する恋愛アニメ映画は「時をかける少女」です。
「時をかける少女」は、2006年7月に放映された恋愛アニメ映画。

筒井康隆氏による小説を原作としており、監督を細田守氏、アニメーションはマッドハウスが手掛けています。
筒井康隆氏による小説「時をかける少女」を原作としていますが、アニメ映画はその原作の20年後が舞台となっており、より現代に近いように描かれた物語は、幅広い世代、そして男女問わず人気を博しています。

また、日本のみならず海外からも非常に高い評価を受け、映画祭などでは多くの賞を受賞。
細田守氏を代表するアニメ映画と言っても過言ではないでしょう。
高校2年生の紺野真琴は、理科実験室に落ちていたクルミをうっかり割ってしまったことがきっかけとなり、時間を飛び越えて過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れる。

彼女はさっそく「タイムリープ」の力を試すべく、妹が食べてしまったプリンを食べにいく。
自分が“飛べる”ことを確信した真琴は、男友達の間宮千昭や津田功介とカラオケでノドが枯れるまで歌ったり、3人で何度も野球をして好プレイを連発してみたり…。何気ない日常を思う存分満喫するのだった。

何があっても大丈夫、また戻ればいい、何回でもリセットができる。そんな楽しい毎日が続くはずだった。
千昭が真琴に「俺とつきあえば?」と告げるまでは。Time waits for no one.(時は人を待たない)。

「タイムリープ」を繰り返し、残り回数が底をついたとき、真琴は自分にとって一番大事なかけがえのない時間がそこにあったことに気づくのだった…。
タイムリープをしてしまう主人公の声を演じているのは、女優・仲里依紗さん。
他にも、石田卓也さん、板倉光隆さん、原沙知絵さん、谷村美月さんなど、出演しています。

何度見ても泣いてしまう、究極の恋愛アニメ映画の1つです。
主人公の感情表現が豊かで、つられて一緒に笑ってしまったりと、どんどん世界に引き込まれていきます。
そして、主人公がずっと続いていくと思っていた何気ない日常が、とてもかけがえのない宝物だったと気付いた時、見ているこちらも、ホロホロと涙がこぼれてきてしまうんです。
少しだけファンタジーの入った、切ないラブストーリーをぜひあなたも視聴してみてください。


【時をかける少女】
アニメ映画公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/#firstPage
Google Playカードでアニメがどこでも見られることを知っていましたか?
空いてる時間にアニメを見よう!
Google Playカードを購入する!

まとめ

少しだけ切なくて愛おしい、そんな恋愛ストーリーをあなたもじっくりしっとり堪能しませんか?
そこで今回は、女性におすすめの思わず泣ける恋愛アニメ映画を厳選して、

 

恋愛アニメ映画

  • 恋愛アニメ映画【たまこラブストーリー】
  • 恋愛アニメ映画【聲の形】
  • 恋愛アニメ映画【ハル】
  • 恋愛アニメ映画【言の葉の庭】
  • 恋愛アニメ映画【時をかける少女】

 

以上の5タイトルをご紹介しました。
どの恋愛アニメ映画も、ホロリと泣けるような素晴らしい作品ばかりなので、ぜひ視聴してみてくださいね!

 

他のアニメについては、
アニメ映画2017|厳選・女性におすすめアニメ映画
【学園恋愛アニメ5選】クスっと笑えて、キュンとするおすすめ作品
おすすめファンタジーアニメ6選|異能力バトルから日常系までを、ご覧ください。

 

声優については、
恋愛ゲーム声優:50音順別まとめ【男性声優編+α】に、まとめています。

 

33 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -