片思いに疲れた理由とこれからの過ごし方について

2018/10/10

好きな人を追いかける状況が続いて片思いが疲れた・・・という経験はありませんか? 今回は、片思い疲れる理由とその対処法についてご紹介します。
片思いに疲れた理由とこれからの過ごし方について

片思いに疲れたと思うことも。

こう思う理由と、これからの過ごし方について理解していれば、これからの過ごし方が見えてくる可能性も。

今回は片思いに疲れた理由と、これからの過ごし方について解説していきます。



片思いに疲れたと感じる時

片思いに疲れたと感じるのは、どのような時が多いのでしょうか。

もう片思いはしたくないと考えるときとその理由についてみていきましょう。


仲良くなれない…と感じる時

相手と仲良くなろうと努力をして、なんだかうまくいかない。

こういう日々が続くと、どうしても片思いに疲れたと感じてしまうでしょう。

うまくいかないと、自分のせいのように思うので心の行き場がなくなってしまうのです。

そして辛さをため込んでしまって、更に苦しくなってしまうでしょう。

恋愛はうまくいく時もあれば、そうではない時も。

分かってはいるけれど、やはり思うようにいってほしいと思うのは当然ですよね。

もしもうまくいかないと感じた時には少し考え方を変えてみると、片思いに対してもう少し気持ちが楽になるでしょう。



他の女性と仲が良いのを見た時

自分よりも、他の女性と仲良くしているように見えると、とても悲しくなり「もう疲れた」と思ってしまう場合も。

でも他の女性から見ると、恋愛感情は何もなくただの友達としか見ていないケースもあるのです。

男性としては、気が許せて話しやすいなと思っているだけの可能性も。

他の女性と一緒いる姿を見ると、悲しくなり辛いと感じるのは自分の愛情強いから。

「私はこんなにもあの人が好きなんだ」と思い、愛情の再確認をすることができるといいですね。



緊張して話せない時

相手ともっと話したいと思うけれど、これができないような時も。

好きな相手だから、良い印象を与えたいと思い、背伸びをしてしまうケースもありますよね。

このため、更に緊張をしてしまいもっと話したいと思っても、それができないのです。

事前に話題を考えていても、好きな人を目の前にするとこの会話ができない時も。

でも、諦めずにいつか話したいと思っている話題を出せる時がくると、心に余裕を持つようにすれば、片思いの辛さは少しでも軽減するでしょう。



好きな人への思いについて

好きな人に対して、どのような思いを持っているのか、一度じっくり考える時間を持つようにしましょう。

思いの深さにより、これからの行動が変わってくるのです。


とても愛情が深い場合

相手に対して愛情が深いと感じるのなら、それが理由になり片思いに疲れたと思ってしまうことも。

相手に対しての愛情を少しセーブして、コントロールできるようにしてみましょう。

好きすぎると思う気持ちが強いのは、悪いことではありません。

でも相手の短所にも、目を向ける時が必要です。

相手の長所ばかりが見えてしまうので、どんどん好きになってしまう人も。

でも短所についても理解をしたうえで、相手を本当に好きなのかを考えてみると、良いところしか見えていなかった…と自分に対して思うケースもあるのです。



ある程度の愛情がある場合

大好きというわけではないけれど、ある程度の愛情があると思うのなら、相手に対してもっと知ってみたいと思うようにしてみましょう。

自分からアピールをするだけではなくて、相手の好きなものや好きなことについて、質問をするようにしたいですね。

相手の好きなことを知れば知るほど、情報を得られるので落ち着いた気持ちになれるのです。

相手についてあまり知らない、理解できていないと思うので片思いが辛くなってしまう例もあるでしょう。

でも相手を知れば知るほど、自分しかもっていない情報を得られる可能性もあるので、心が落ち着いてくるのです。



愛情があるか分からないと思うのなら

相手に対して愛情があるのか分からない…と思う時も。これは片思いが辛いのでこう思っている可能性もあるのです。

本当は好きでも、片思いに疲れたので相手への愛情が見えなくなってしまう場合もありますよね。

相手とのやりとりの中で、幸せだなと感じる場面があるのなら、相手を好きな気持ちを持っている可能性も。

今後やりとりをゆっくりとしながら、自分の気持ちを明確にしていきましょう。



恋愛以外の時間を持つのも必要

恋愛にはまり過ぎると、どうしても疲れてしまうもの。

楽しい時は良いのですが、そういう時ばかりではないですよね。

恋愛以外に楽しめる時間を持つようにするのも時には必要です。


趣味を楽しむ

普段から趣味を持っている人は、趣味を楽しむ時間を持つようにしましょう。

もしくは興味があると思う趣味があるのなら、新しく始めてみるのもいいですね。

疲れているのに、新しいことを始めると更に疲れそう…と思う気持ちも。

でも疲れているのは、恋愛に真剣になりすぎているからなのです。

恋愛以外のものに夢中になる時間を持つと、楽しくて時が経つのを忘れられるでしょう。

楽しいと思える時間は、自分自身を幸せな気持ちにさせてくれるのです。

自分には楽しめる趣味があると思うと、自信につながり元気が出てくるケースもあるでしょう。



友達との時間を楽しむ

友達との時間を楽しむようにしてみましょう。

この時に片思いの話で盛り上がるのも良いですが、恋愛以外の話をしてみてもいいですね。

悩んでいるのは自分だけではないと思うと、ホッとした気持ちになることも。

自分の悩みだけに目を向けてしまうと、どうしても視野が狭くなってしまうのです。

もっと辛い思いをしている友達がいると分かったり、辛さを軽減させるためのアイデアを聞いたりしてみると、自分を客観視できるようになるのです。



仕事に打ち込む

仕事に対して、恋愛がうまくいっていないと打ち込めない人も。

でも仕事は頑張った分、自分を認めてくれることが多いのです。

仕事に逃げ込むのではなくて、仕事をしている自分を好きだと思えるように、頑張ってみる時も必要に。

恋愛をしている自分が一番好きだと思うと、仕事をする気持ちになれない場合もあるでしょう。



心のケアをしてあげる

片思いに疲れた自分に対して、心のケアをするようにしてみましょう。

心のケアをすることで、これから先も恋愛を頑張れる可能性があるのです。


睡眠やバスタイムについて

リラックスタイムをできるだけ持つようにしてみましょう。

穏やかな気持ちになれる時間を持つと、自然に心身のケアができるようになるのです。

ケアをしているうちに、段々と元気になり片思いに疲れた自分をリフレッシュさせるのも可能に。

ケアをしてあげるのは、普段頑張っている自分へのご褒美でもあります。

好きな香りに包まれて、好きな音楽を聴きながらリラックスをする時間を持ってみましょう。




欲しいものを買ってみる

あまり高額なものについては悩みますが、生活に支障をきたさない程度の価格なら、今まで欲しいと思っていたものを、この機会に購入してみましょう。

片思いが両想いに変わるまで我慢…と思い、買わないでいる人もいますよね。

でもこれが自分にとってプレッシャーになってしまう場合も。

もっと自分自身を楽にしてあげるためにも、欲しいものを先に買うのも自分をケアすることにつながるのです。



まとめ

片思いに疲れた時には、恋愛に対してもっと頑張ろうと思わずに、少し自分の心を休ませてあげるのも必要です。

走り続けていれば、誰でも疲れてしまいますよね。

時には心を休ませて、新しい気持ちで恋愛に向かってみると、少しでも気持ちが楽になり片思いについても違う視点から見る余裕ができるのです。



【関連記事】

39 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -