キュンキュンエピソード3選|マンネリ女子の胸が高鳴るキュン度合い。

2017/03/09

キュンキュンする胸キュンエピソードは、聞いているだけで満ち足りた気分に。どうせならもっともっと、とびっきりキュンとするエピソードで心満たされてみては?そこで今回は、キュンキュンと胸が高鳴るエピソードを厳選してご紹介します。
キュンキュンエピソード3選|マンネリ女子の胸が高鳴るキュン度合い。

キュンキュンエピソードで満ち足りた気分に。

思わず胸がキュンとしてしまうエピソードって、聞いているこちらもキュンとしますよね。
特にカップルになる前の微妙で特別な関係や、偶然の再会エピソードは、キュンの度合いも段違い。
あなたの日常にキュンとする出来事が少ないのであれば、とびっきりキュンとするエピソードで、満ち足りた気分になってみませんか?

そこで今回は、キュンキュンと胸が高鳴るエピソードを厳選してご紹介します。
ぜひあなたもキュンとしていってくださいね。

キュンキュンエピソード【クリスマスの奇跡】

クリスママス当日。

彼氏がいない者同志で集まり、女子会を開く事になりました。
カップルの甘い雰囲気を避けるために、クリスマスとは全く関係ない、おしゃれでも何でもない地元の焼肉屋に行く事に。

その店のお肉は上質で美味しいうえに、格安で食べれるので、いつもサラリーマン等で混んでいるお店です。
みんなで美味しいお肉を食べていれば、クリスマスなんて意識せずに過ごせると思っていました。

クリスマスに焼肉屋にいる女子グループ=彼氏がいませんと言っているようなもの。
隣の男子グループから「ご一緒しませんか」と声をかけられ、見てみると…

偶然その中に、高校時代憧れだった男の子がいたんです!

相変わらずカッコイイ彼に、私は終始キュンキュンしっぱなし。
はじめは緊張しましたが、すぐに昔の話で意気投合。
その後二人だけで近くのバーへ繰り出しました。
久しぶりという事と、共通の話題から話が盛り上がり、とても素敵なクリスマスになりました。

その後も次会う約束をし、今では私の彼氏に!
クリスマスの奇跡といっても過言ではありません!

キュンキュンエピソード【バレッタと髪ゴム】

同じクラスに好きな男の子がいました。
その男の子は、背が高くて優等生タイプのイケメンで、女の子のファンも多くいます。
思いを告げる勇気はないけれど、私は彼を見るたび密かに胸キュンしていました。

2学期の最後の日、成績表とクラスの順位の書いた紙を渡されます。
私は勉強が得意だったので、1位を取る事ができました。

ホームルームが終わると、彼が私に順位を聞いてきました。
私は得意げに1位であった事を教えると、彼は少しがっかりした様子で4位だった事を教えてくれました。

クラス順位の紙見せてもらうと、英語が65点。
他の教科は100点とか98点ばかり。

「俺、英語苦手なんだよな」
「あ、だったら、私の2学期のノート貸してあげようか?」

私は勢いでそんなこと口走ってしまったのです。
少し焦る私をよそに、彼は嬉しそうにノートを借りて行きました。

ノートを返す日に指定された日はクリスマス。
なんだか気恥ずかしい思いで、高校の近くのスタバで待ち合わせしました。
しばらくすると、彼がやってきます。

私は、初めて見る私服姿の彼に、胸キュンと高鳴りました。
彼は待たせた事を謝りながら、すごく自然な流れで温かいカフェラテを買ってくれました。
しばらく喋って帰ろうとすると、彼が私に小さな包みを渡してきました。

「ノート貸してくれたお礼。」

中を開けてみると、かわいいバレッタと髪のゴムが入っていました。

初めての男子からのプレゼントに、私は感動してしまいました。
私のために選んでくれたと思うと、胸がキュンとします。
その後、告白とか付き合うとかはありませんでしたが、特別な関係だったと思います。
学校にもらったバレッタや髪ゴムをしていくと、少しだけ彼が嬉しそうにする様子が、今も忘れられません。

キュンキュンエピソード【褒め言葉】

私は全然自信がない女子です。
顔も地味で、スタイルも良くありません。
ファッションもよく分からなくて、たまに友達からダサいと言われるくらい。
なので私は、仲の良い女友達とばかり固まり、自分から男子と話す事なんてほとんどありませんでした。

当時、私は本屋でバイトしていました。
その本屋は社員のHさんという20代後半の真面目そうな人が働いていて、私はそのHさんが大好きでした。

年末、居酒屋でバイト4人と社員3人での忘年会が開催されました。
そのまま2次会はカラオケに行こうという事に。
私はカラオケがあまり得意ではないので、帰る事にしました。

駅のホームで電車を待っていると誰かが肩をぽんっと軽くたたきました。
Hさんでした。

帰る方面が一緒だったので、電車の中で少し話をしました。
Hさんも賑やかすぎる所や、カラオケは苦手という事を知り、私はなんとなく嬉しく思いました。

まだ夜の9時だったので、高層ビルで夜景をみることに。
キラキラする夜景を見ると、こみあげてくるものがあり、Hさんに弱音を吐いてしまいました。

するとHさんは、

「それくらいの歳の頃って、自分が駄目とか、人と比べちゃうとかあるよね。よくあることだから気にしない」

って元気づけれくれました。そして、

「そのままでいいと思う。そのままが可愛いよ。」

胸にキュンときました。
お世辞かもしれませんし、褒めたつもりも無いかもしれません。
ですが、今まで可愛いなんて言われた事なんて無く、そして大好きなHさんから言われた事で、私の胸の高鳴りは最高潮になりました。

その後はどんな話をしたのかも覚えていません。
けれど、Hさんのその褒め言葉は、しっかりと覚えています。
その言葉は私を勇気付け、今も自信に繋がっています。

まとめ

今回は、キュンキュンするエピソードを、
  • クリスマスの奇跡
  • バレッタと髪ゴム
  • 褒め言葉
以上の3つをご紹介しました。

 

カップルではないけれど、キュンとする出来事はたくさん
偶然の再開や、学生の時の特別な関係、憧れの先輩は、エピソードを聞くだけで胸が高まります。
あなたの日常も、キュンとする出来事で溢れているかもしれませんよ。

 

 

もっと胸キュンエピソードが読みたい方は、
胸キュンエピソード9選♡聞くだけでキュンキュンしちゃう恋物語をぜひご覧ください。

 

また、他にも胸キュンエピソードを知りたい方は、
をご覧ください。

 

14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -