エアコンいらず?!寝苦しい夏もぐっすり寝られる快眠法!

2016/07/29

日本の夏はジメっとしてる時が多くていやになりますね。特に夜は寝苦しいから夏は苦手、と感じる人も多いのではないでしょうか。クーラーをつければいいのでは?という意見もありますが、なかにはクーラーが苦手な女子もいます。今回はこの夏使える、クーラーで涼しくする以外に、ぐっすり快眠ができる方法をご紹介します。
エアコンいらず?!寝苦しい夏もぐっすり寝られる快眠法!

実は入浴するといい?おすすめの入り方!

夏でもぐっすり快眠できる方法としてまずご紹介するのが【入浴】です。
ちょっとぬるめの温度のお風呂に長時間入る事によって、体温が徐々にあがります。
これは夏の乱れた自律神経をリセットすることができます。
また、高めの温度のお風呂に入ると、自立神経のバランスを崩し眠れなくなってしまう恐れがあるので避けてください。

お風呂後、体温が上がったことにより汗をかくのがいやな方は
スーっとするクール系の入浴剤を使用すると良いでしょう。
さっぱりとして快眠に繋がるでしょう。

時間とタイミングを気をつけて

夏の夜は熱いから、とついついアイスなど食べてしまいますよね?
ここで気をつけてほしい点は【寝る前に食べない事】です。
お気持ちはわかるのですが、その摂取が眠れなくしている原因かもしれません。

寝る前に何かものを食べると、胃腸が食べ物を消化しようと働きます。
エネルギーがそこで消費されるので深い睡眠がとれないと結果がでています。

物によりますが、だいたい消化されるのに2~3時間かかりますので、夏の夜場の飲食のタイミングには注意してください。

ひんやりした熱帯夜のお供

入浴の仕方や食べるタイミングを気をつけても寝苦しい!そんな方は
【氷枕を使用】することをおすすめします。
頭を冷やせば、感覚的に涼しい、気持いいと感じることができます。

身体的に効果的な場所は

・後頭部
・首
・脇の下
・足の付け根

がおもに太い血管が通っている部位が挙げられます。
血流が多い部分を冷やす事によって、体全体に冷えた血液が行きわたる、という仕組みです。

ただ、あまり冷やしすぎると頭痛や肩こり等の体の不調がでてくるので、
タオルで氷枕を包むなどして調節してください。

定番!意外と便利なアレ

氷枕と併用すると効果が上がるのが、【扇風機を使用】することです。
湿度が高く、汗をかきやすい熱帯夜に効果的で、冷房が苦手な方には扇風機をオススメしています。

足元に扇風機をセットし、微弱か送風で首振りをさせましょう。
体温が下がりやすくなり、夜中寝苦しくて起きる回数が少なくなるのではないでしょうか。

また、注意点ですが、常に風にあたっている状況はかえって体に悪影響ですので避けましょう。

まとめ

クーラーが苦手な人が夏に快眠できる方法を今回ご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
夏は毎年くるものです。そのたび寝苦しくて寝れない、と悩むのはやめませんか?
きちんと寝るための準備をすれば、もう熱帯夜も怖くありません。
ぐっすり眠り、すっきりした頭で今年の夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。
苦手だった夏が今年は少し好きになってるはず!
13 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -