既婚で合コンに参加する人が急増中!?驚きの男性心理とは

2018/12/12

最近、結婚していても合コンに参加する既婚の男性が増えています。新たな出会いなんて必要ないじゃん、何のために参加するの?と思う女性も多いでしょう。そこで既婚男性が合コンに参加する心理を解説していきます。
既婚で合コンに参加する人が急増中!?驚きの男性心理とは

実は最近、既婚でも合コンに参加をする男性が増えてきています。

でもその心理にはどういったものがあるのか、女性であれば気になるところです。

そこで今回は、合コンに参加をする既婚男性の気持ちについて解説をしていきます。



同性の友達が作りたい

同性の友達が欲しいと思うけれど、大人になるとなかなかできないものです。

これは男女ともに言えることでしょう。

男性も同性の友達がいたら良いなと思うので、既婚でも合コンに参加をするのです。



既婚の男友達がほしい

既婚の男友達と家庭のことについて、悩みや愚痴を言い合ったりしたい時も。

でも仕事関連では、仕事に影響があるとまずいので言えない思いもあるのです。

もしも既婚の男性と合コンで出会えたとしたら、仕事に全然関係ない人と友達になりたいと男性は思うもの。

相手も同じ気持ちの場合があるとしたら、少し話しただけですぐにわかるのです。

ちょうど良い機会だと思い、名刺交換をしてすぐに連絡を取り合うようなパターンもあるでしょう。



男性との出会いなら安心

新しく出会う人が男性なら、もし妻にバレても大丈夫という安心感があります。

相手が男性だとしても、新しい出会いは刺激を与えてくれるもの。

特に、自分とは全然違うタイプの魅力ある男性なら、友達になりたい気持ちになるでしょう。

これからもっと親しくなり、相手の放つ魅力がどこからなのか、知りたくなるのです。

これができれば、自分自身にもプラスになるように考えるでしょう。




既婚ではなくても男同士の方が話しやすい

相手が独身男性でも、男同士の方が楽だと考える男性もいます。

独身男性との付き合いになると、これからどこかに出かけるとしても楽ですよね。

趣味が同じ男性なら、休日の予定も合わせやすいと考えるのです。

既婚の男友達限定のわけではなく、独身の男友達ができるのも楽しいものだと思うのも、男性心理としてあるでしょう。

特に、色々なタイプの人と親しくなりたいと思う人なら、独身でも既婚でも構わないという思いを持つのです。

それぞれに付き合うメリットがあり、デメリットもあると自分の中で計算をすることもあるでしょう。



時には自慢をしたり見栄を張りたい

既婚で合コンに参加をした時には、できるだけ自慢をしたり見栄を張ったりしたいと思う男性心理がはたらいている場合もあります。

普段は謙虚に過ごしているけれど、本当は自慢をしたいという気持ちがあるのです。

合コンに参加をすることで、普段はなかなかできないであろう自慢をしているのです。




周りの反応が見たい

自分にとって「これを自慢したい」「これは自慢できる」と思うものについては、機会があれば自慢をしたくなるもの。

でも職場で自慢をするのは、ちょっとカッコ悪いと考えるのでしょう。

そして周りから引かれるかもしれないと、既婚男性は考えるのです。

でも今日しか会わないような合コンだとしたら、自慢し放題だと思うのでとても気持ちが楽でしょう。

自分は仕事がこんなにできると、周りに対して自慢をしたくて既婚でも合コンに参加をする男性もいるのです。



見栄を張ってみたい

時には、見栄を張って自分の理想を演じてみたいと思う気持ちも。

でもよく知っている相手の前で見栄を張ると、「見栄っぱりだなぁ」と思われるようで怖いのです。

見栄を張っている自分についても、バレているとわかると気まずいと感じるでしょう。

でも初対面の相手の前では、見栄を張るのも可能なのです。

今がチャンスと思い、見栄を張るような男性もいるでしょう。

等身大の自分を演じたい、でもこの機会がなくて、残念に思っている人は案外多いのです。

この機会として、合コンの場を選ぶような男性もいるでしょう。




周りの反応で自信を得たい

周りが「すごいですね!」「尊敬します」のように言ってくれると、嬉しくて自信を得られるもの。

自信を持ちたい思いがあるので、周りの反応について敏感になるのです。

周りが褒めてくれるような内容を、あえて伝えるようするでしょう。

できるだけ大げさに、そして見栄を張るようにすれば、聞いている側としては、リアクションをするしかないですよね。

仕方がなく褒めてくれいるのかも…と思いながらも、周りの反応を見て自信にしていきたいと既婚男性は考えているのです。



独身を装いたい

既婚で合コンに参加をする男性の多くは、独身を装いたい気持ちが強いです。

このため、合コン前に結婚指輪をはずして、周りの男性にも「独身ということにしておいて」と言うケースも。


独身の方がモテると思っている

独身の男の方が絶対にモテるだろうと思うので、独身を装いたい人もいます。

ここで既婚と言うと、引かれてしまうかもしれないので独身のフリをしようと考えるのです。

最初から独身と周りに伝えて合コンに参加をする男性もいれば、聞かれないのでそのまま黙っているような男性もいます。

既婚かどうかは、なんとなく相手の雰囲気でわかる時もありますよね。



結婚について聞いてみる

独身だと言っているけれど、なんだか怪しい…と思う男性には「結婚についてどう思いますか?」と穏やかに聞いてみましょう。

どう答えればいいのかと、かなり悩むはずです。

「別の話をしよう」と話題を替える可能性もあるのです。

結婚について、深く語ることができるのは既婚男性だから。

でもこの場の雰囲気を悪くしてはいけないので、もし既婚男性だと思ってもその場では黙っていましょう。

既婚男性なりの魅力もあると思い、理解をしたうえで色々な話をしてみるのもひとつの方法です。



違う自分を演じたい

刺激もなく毎日同じような日々を送っていると、普段からつまらないと思っているので、既婚でも合コンに参加をする男性の心理も存在します。

このままの日々だけでは、なんだか物足らない。

もう少し違う自分になってみたい!という欲求を叶えてくれる場所なのでしょう。




憧れる男性像がある

「女性にモテるけれど、寡黙で渋い男性」のように、憧れている理想の男性像を持つ男性もいます。

こういう男性を今日は演じてみようかな…と思うので、憧れる男性像を演じるようにするのです。

本当に演じられると、自分も結構やるなと嬉しい気持ちになるでしょう。

今夜だけは違う自分でいたい、たとえ現実逃避だと言われても。

こう思う男性心理があるので、憧れる男性像にできるだけ近い姿でいようとするのです。

普段とは違うファッションにして、センスの良い男性を演じるケースもあるでしょう。




女性慣れしている男性になってみたい

本当は、あまり女性慣れしていない男性でも、時には女性慣れしている男性を演じてみたくなるもの。

女性慣れしているとモテるように思うので、本当は慣れていなくても女性をうまく褒めたりボディタッチをしたりします。

うまくいくたびに、幸せな気持ちになるのでしょう。

こういう経験を何度かしているうちに、合コンに行くだけでは物足らなくなる男性もいます。

違う自分でいさせてくれる存在がほしい、その存在の前なら現実を少しの間でも忘れられると思う既婚男性は案外多いでしょう。




まとめ

既婚で合コンに参加をする男性の心理は、女性が思うよりも複雑な場合があります。

ただ軽い気持ちや遊び気分で、合コンに参加をする男性だけではありません。

男性とのやり取りの中で、相手の性格や心理についても段々とわかってくるはず。このうえで、もっと親しくなりたいと思うのなら、深く話してみるのも良いですね。

自分にとって、プラスになる相手の場合もあるのです。

独身女性から見て、既婚の男性だからNGと決めつけずに、話せる機会があれば話してみるのも楽しいかもしれませんね。



35 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -