好きな人とLINEで親しくなりたい!そのためのコツを徹底解説

2018/12/19

好きな人にLINEを送るのって何歳になっても緊張するし、何を話したら良いんだろう・・・なんて思うことも多いですよね。今回は、好きな人にLINEを送るコツを徹底伝授しちゃいます!ぜひ参考にして、気になる彼氏と中を深めてみてください。
好きな人とLINEで親しくなりたい!そのためのコツを徹底解説

好きな人とLINEをする時には、もっと仲良くなりたいと思うものですよね。

ではどうすれば、LINEを使って気になる彼と親しくなれるのでしょうか。

今回は、LINEというコミュニケーションツールを使って好きな男性と仲良くなるコツをご紹介します。





相手の都合を理解する

こちらが連絡をしたいという時に、いつでも連絡をしていいわけではなく、相手の都合についても、考える必要があるのです。

相手の都合によってNGの時間帯などもありますよね。

これを理解してLINEをすることが必要なのです。


事前に聞いておく

相手にとって、どの曜日や時間帯がLINEをしても大丈夫なのか、そしてできればしてほしくないのかを、事前に聞いておく必要があります。

その時により多少の違いはあっても、聞いておけばこちらも安心してLINEをすることができるはず。

事前に聞いておくと、「これからもっとLINEで連絡をしたい」という思いが伝わるので、脈ありサインを見せるメリットにもなるでしょう。



相手の都合に合わせるようにする

相手の都合を聞いたら、できるだけ合わせるようにしたいですね。

相手にとって「連絡がとりやすい」「こちらのことを考えてくれている」と思うと、嬉しいと感じるもの。

そして、これからも連絡をしていきたいと考えるでしょう。

でも相手に合わせずに、こちらの都合を優先してしまうと、相手は残念な気持ちになるのです。

以前に聞いてきたのはなんだったんだろう?と思ってしまう可能性も。

こうならないように、事前に聞いた内容を役立てて、相手の都合を優先するようにしてみましょう。



迷惑にならないようにする

連絡をするかどうか悩むのには、LINEをしたら相手にとって迷惑になるか不安な気持ちが隠れています。

こういったことを考えることができる女性なら、相手に対して迷惑をかける可能性は低いです。

相手に迷惑をかけてしまう女性は、相手の立場になって考えることができないもの。

このため、迷惑になってもいいから自分の気持ちを通したいと思うのでしょう。

相手の立場になって想像をしてみると、今はLINEで連絡をしても大丈夫かどうかが分かりやすいのです。



習慣になるように工夫する

LINEでのやりとりが習慣になるようにすると、相手にとっても自然にやりとりがしやすくなるのです。

どうすれば習慣にできるのかについて、考えていきましょう。


挨拶のLINEをする

朝や寝る前などに、挨拶のLINEをしてみましょう。

でも気を付けたいのは、この時のメッセージが「おはよう」「おやすみ」だけにならないように。

できれば、おはようと伝えた後に「今日も頑張っていこうね!」のようなメッセージを入れると良いですね。

特に朝が弱い男性としては、こういうメッセージをもらうと、モチベーションアップにつながるのです。

寝る前にLINEをする時にも「温かくして休んでね」のように、思い遣りのある言葉を伝えましょう。



長文は控える

習慣になるようにするには、あまり長文を書かないようにする必要があります。

長文のメッセージが来る確率が高いと、プレッシャーを感じる人もいるでしょう。

長文にするとしたら、ごく稀にどうしても必要な時だけに。いつも長文を送ってくると思うと、相手は引いてしまう場合もあるのです。

「迷惑だからブロックしよう」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

長文を送るとしたら、読む側が辛くない内容にしたいですね。



日記のような内容は避ける

こちらにとっては出来事として伝えたい内容だとしても、ただの日記のようなメッセージは、相手にとって苦痛なものです。

もしも相手に連絡をする時には、日記のような内容にせずに起承転結をきちんと伝えるようなメッセージにしましょう。

相手が読むことで、穏やかな気持ちになり楽しいと感じたりする内容なら、LINEでのやりとりが自然に習慣になるのです。


子供っぽい内容は控える

相手に対して甘えると、可愛いと思われるのでは…と思い、子供っぽい表現をする女性も。

でもこれに対して、引いてしまう男性もいるのです。

日本語をきちんと使えないと思われるようなことはないようにしましょう。


絵文字や顔文字について

絵文字や顔文字がとても多いLINEについては、男性は同じように返す気持ちにはなれません。

それよりも、こういうメッセージはしないでほしいと思うもの。

もしもどうしても入れたいと思うのなら、1つのメッセージに2つ入れるくらいにしておきたいですね。

顔文字や絵文字だらけのメッセージは、とても幼く見えるもの。

最後まで読みたいと思えない男性は多いのです。

できるだけ大人の女性らしさを見せるように、落ち着いた内容を心がけましょう。

絵文字を入れるとしても、文章の途中ではなくて最後にひとつだけ。

この方が、相手の心に残りやすいケースが多いのです。



語尾について

つい甘えた口調になってしまう人もいます。

でも同性でも辟易してしまうような語尾を使う人もいますよね。

こういう相手からのメッセージは、読んだ後にもその内容が全然心に残らないのです。

できればメッセージのやりとりを、控えたいと男性は思うでしょう。

丁寧に綺麗な言葉を使うようにすれば、自然に話す言葉が綺麗なものになりやすいのです。

自分にとってのメリットにもなるので、意識をするようにしましょう。

語尾に癖があるかもしれないと思うのなら、自分の書いた文章について再度読み直して、変更するようにしたいですね。



感動したことについて

感動した内容については、気持ちを共有してほしいもの。

でもこちらが感動をしても、相手にとってはそうでもない場合もあるのです。

感動したと思う内容について毎回LINEで書いていると、きっとあのレベルだろうと相手から思われるもの。

愚痴や悪口についても、こちらにとっては腹が立つので伝えたいと思うかもしれませんが、相手にとっては読みたくない場合が多いでしょう。

これを理解している女性なら、大人の女性らしいLINEを送ることができるのです。




返信を急かさない

相手からの返信がないと、不安な気持ちになりやすいですよね。

こちらの送った内容に問題があったのかも…と読み返してしまう人も。

そして、返信を急かしたくなってしまう気持ちもあるでしょう。

でもここで少し堪えて待つ必要があるのです。



既読無視について

既読無視は、相手が読んだけれど返信をする余裕がないということ。

もしくは、返信内容が難しいと考えている可能性もあります。

返したい思いがあっても、返せない状況だと思い、待つようにしてみましょう。

相手が読んでくれただけでも良かったと思うようにすると、待つ時間を有効に使う気持ちになれるはず。



未読無視について

未読無視の場合は、スマホから離れた場所にいる可能性が高いでしょう。

もしくは、LINEのチェックをする時間がないのです。

ブロックされているとしても、未読無視の状態になるので「ブロックされているかも…」と不安になる女性は多いでしょう。

こういう時は、数日の間メッセージを送ってみて、未読のままかをチェックしましょう。

それでも未読の状態なら、一度電話をするか共通の知人に聞いてもらうと良いですね。



まとめ

好きな人とLINEを楽しめれば、これからさらに親しくなることができるので、要点を抑えておくようにしましょう。

相手にとって、LINEはただの連絡手段で特に大切なものではないと思うケースもあります。

特に、男性にとってはあまり重いものではないという考えもあるでしょう。

女性が既読無視や未読無視に左右されたとしても、男性は深く考えていなかった例もあるのです。

未読や既読に振り回されないのも、好きな人とLINEを楽しむコツでしょう。


37 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -