生姜レシピで身体も心もポカポカ♪生姜料理でホッと一息つきましょう

2016/09/30

身体の芯から温まりたい!そんな時は「生姜」を使った料理がオススメ。生姜には血行を良くして身体を温める効果があり、冷え性の方にぴったりな食材なんですよ。簡単オススメレシピで、美味しく身体の中から温まりましょ♪
生姜レシピで身体も心もポカポカ♪生姜料理でホッと一息つきましょう

生姜は身体を芯から温めてくれる優しい食材

寒くなってくると身体の芯から冷えてきますよね。
冷え性の方には特につらい季節です。
そんな時は「生姜」を使った料理で身体の芯から温まりましょう!

生姜には血液の流れをスムーズにする効果があり、それによって心臓から送られた温かい血液が体中を巡るようになるので、身体がぽかぽかしてきます。
血行不良で引き起こる冷え性の人にとって生姜は、身体を温めるのにぴったりな食材なんですよ。

そこで今回は生姜を使った簡単レシピをご紹介します。
誰でも簡単に、パパッとできるものばかりなのでぜひ挑戦してみてくださいね。
身体の芯から温まって、心もぽかぽかになっちゃいましょ♪

今日のメイン晩御飯!【鶏ショウガ焼き】

『鶏ショウガ焼き』

まずは生姜を使ったメイン料理から。
生姜を使った料理の定番料理「しょうが焼き」!
豚を使ったものではなく、鶏を使うことによってあっさりとした美味しさになりますよ!

【材料】

・鶏もも肉1枚
<タレ>
・ショウガ(すりおろし)1片分
・酒大さじ1
・みりん大さじ1
・しょうゆ大さじ1
・キャベツ1/8個
・七味唐辛子少々
・ゴマ油小さじ1

【作り方】

1. 鶏もも肉はひとくち大に切ります。
2. <タレ>の材料を混ぜ合わせます。
3. キャベツはせん切りにします。
4. フライパンにゴマ油を熱し、鶏もも肉の両面にしっかりと焼き色がつくまで焼きます。
5. 余分な脂を拭き取り、<タレ>を加えて煮汁をからめます。
6. 器にせん切りキャベツと共に盛り、七味唐辛子を振り、完成です。


タレを作って焼くだけなので、誰でも簡単に作れるんです!
生姜を多めにすれば、ちょっと辛いけどピリっとしていてとっても美味しい♪
生姜を食べて、お腹いっぱいになれば身体も心もポカポカに。
ぜひ今日の晩御飯に試してくださいね!

【鶏ショウガ焼き(引用元)】
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/2926cc8e993d829da96d0387b1fc009d.html

ふんわり優しい味にホッとしよ【餃子たまごスープ】

『ショウガと餃子のふんわり卵スープ』

温まりたい、と思った時にすぐ出来る簡単スープです。
餃子が入っているから、ボリュームもあってちょっと小腹が空いた時にもぴったりですよ!

【材料】

・餃子(チルド)8個
・溶き卵2個分
・ニラ1/2束
<スープ>
・ショウガ(みじん切り)1片分
・顆粒チキンスープの素大さじ1
・片栗粉大さじ1
・水800ml
・酒大さじ2

【作り方】

1. ニラは長さ2cmに切ります。
2. 鍋に<スープ>の材料を入れ、泡立て器で混ぜながら中火にかけます。
3. 餃子とニラを加え、煮たったら溶き卵をまわし入れて火を止めます。
4. ふんわり浮いてきたら器に盛ります。


温かくて優しい味のスープは、ほっと一息つきたい時にオススメ。
生姜もきちんと入っているから、身体の芯から温まりますよ♪
休日の寒い日に、まったりとしながら味わいたいですね。

【ショウガと餃子のふんわり卵スープ(引用元)】
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/837a847ab9d2b39065e1093192310ac6.html

優しい卵の味と生姜のアクセント【だし巻き卵】

『甘酢ショウガ入りだし巻き卵』

超簡単!卵に調味料や生姜を混ぜるだけのレシピ♪
普通のだし巻きも美味しいですが、せっかくならもっと美味しくしちゃいましょ!
夕飯のもう一品にも、朝ごはんにもぴったりな生姜料理です。

【材料】

・卵4個
・甘酢ショウガ大さじ3
<調味料>
・だし汁大さじ4
・みりん大さじ1
・薄口しょうゆ小さじ2
・サラダ油適量

【作り方】

1. 甘酢ショウガは汁気を少し絞り、細かく刻みます。
2. 卵を溶きほぐし、<調味料>の材料、甘酢ショウガを加えてよく混ぜ合わせます。
3. 卵焼き器を中火で熱し、サラダ油を薄くひき、卵液の1/3量を流し込んで全体に広げます。
周りがかたまって半熟になったら、向こうから手前に卵を巻き、巻き終わったら向こう側に寄せます。
4. サラダ油を全体に薄くひき、残りの卵液の半量を流し入れ、巻いた卵を菜ばしで持ち上げてその下にも卵液を流し込みます。
5. 周りがかたまって半熟になったら向こうから手前に巻き、同じ様にもう1度くり返し、巻きすに巻いて形を整えます。
6. 粗熱が取れたら、食べやすい大きさに切り、器に盛ります。


だし巻き卵の優しい味に、生姜のアクセントが効いてとっても美味しい!
朝ごはんとして食べれば、生姜効果で寒い日の朝でも徐々に身体が温まってくるはず。
和食好きはぜひ試してほしい一品です。

【甘酢ショウガ入りだし巻き卵(引用元)】
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/8592bf7aadb6d99b54630791fed02d0e.html

休日の寒い日に飲みたくなる【豆乳甘酒】

『ショウガの豆乳甘酒』

休日のゆっくりとした時間にぴったりな、コーヒー風味の豆乳甘酒です。
健康が気になる人にオススメなので、ぜひ時間に余裕がある日にでも挑戦してみてくださいね。
生姜と甘酒、豆乳とコーヒーの絶妙の味わいが身体も心も温めてくれます。

【材料】

・ショウガ(せん切り)1片分
・甘酒(ドライ)1個
・豆乳(調整)200ml
・インスタントコーヒー小さじ1/2~1

【作り方】

1. 小鍋にショウガと豆乳を入れて弱火にかけ、煮たつ直前で火を止めてザルでこします。
2. 豆乳を再び弱火にかけ、甘酒を入れて溶かします。
3. カップに半量のインスタントコーヒーを入れて甘酒を注ぎ、お好みで分量外のすりおろしショウガを添えて完成です。


甘酒が苦手な人でもコーヒー風味だから以外と飲めちゃいますよ!
ひとくち飲むと身体中に温かさが染み渡るような、そんな実感があるはず。
一度飲めば、寒い日には欠かせないそんな飲み物になるのでは?

【ショウガの豆乳甘酒(引用元)】
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/8d6ab544029e72443e3a947585fc6a94.html

甘くて温かいデザートで満たされる【白玉団子の生姜シロップがけ】

『白玉団子のショウガシロップがけ』

最後にご紹介するのはやはりデザート!
生姜を使った温かいデザートなので、寒い日のデザートにはぴったりです♪
小腹が空いた時にぴったりな簡単生姜レシピなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

【材料】

・ショウガ(乾燥)2片分
・白玉粉60g
・水70~80ml
<黒ゴマあん>
・すり黒ゴマ大さじ2
・練り白ゴマ大さじ1
・バター15g
・砂糖大さじ2
・ジンジャーパウダー少々
<シロップ>
・砂糖30g
・水200ml
・クコの実適量

【作り方】

1. ボウルに<黒ゴマあん>の材料を入れて混ぜ合わせ、ひとまとまりになるようにします。
8等分にしてラップで茶巾包みにして丸め、冷凍庫で冷やし固めます。
2. ボウルに白玉粉を入れ、耳たぶ位のかたさになるまで少しずつ水を加えながら混ぜ、ひとまとめにします。
※白玉粉のつぶつぶを指でつぶしながら混ぜると、均一に混ざります。
3. 8等分して<黒ゴマあん>を包み、たっぷりの熱湯でゆで、氷水に取ります。
4. 鍋に<シロップ>の材料とショウガ、クコの実を入れて沸騰させ、2~3分煮ます。
5. 器に(2)を入れ、シロップを注ぎます。
※乾燥したショウガがない場合は、生のショウガで代用できます。


黒ゴマあんと、生姜シロップの相性が抜群です!
甘いもの好きにはオススメの生姜スイーツですよ♪
甘いものとほっこり温かいデザートでは、心から満たされていくはず。

【白玉団子のショウガシロップがけ(引用元)】
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/a254b8ee5d86f7c419c919d2410af194.html

まとめ

寒い日はなんだか身体だけでなく、気分も冷めてしまいますよね。
冷え性の人なんかは特につらくて、心まで冷えてしまったみたい…。

そんな時はご紹介した生姜レシピを実践してみてください!
誰でも簡単に出来る、簡単レシピなので不器用な方にもパパッとすぐにできちゃうんですよ♪
生姜を使った料理で身体も心もポカポカにして、心からほっこりしましょ。
35 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -