『失恋ショコラティエ』紗絵子(さえこ)に胸キュン♪小悪魔可愛い名言集♡ 

2016/07/25

人気漫画で2014年に実写化されたフジテレビ系ドラマ『失恋ショコラティエ』。ヒロイン「高橋紗絵子」役を演じた石原さとみさんが、小悪魔的でエロ可愛いと評判に話題になったのも記憶に新しいです!!今回は、紗絵子の小悪魔で可愛い名言をご紹介します♪
『失恋ショコラティエ』紗絵子(さえこ)に胸キュン♪小悪魔可愛い名言集♡ 

毎日だって食べられるんだよね。

―あたし、すごいことに気がついちゃったの。お店がオープンしたら、爽太くんのチョコレート、毎日だって食べられるんだよね。もうどこにも売ってないんだって、悲しくなることはないんだよね。―


紗絵子にこんなこと言われて、キュンとしない男性なんていないですよ!(笑)
「あなたのことが好きです」と遠回しに伝えているような感じではありますが、うざったくないように聞こえるのが小悪魔ポイントですね!

チョコレートありがとう。

―チョコレートありがとう。なんだかもったいなくて、まだ食べられません。爽太くんの気持ちは嬉しかったよ。結婚する前に告白されてたら、何か変わってたのかな?でも、そうなっていたら、このチョコは出来ていなかったのかな?そう思うとやっぱり、無理だったのかもしれません。ごめんなさい。本当に……。―


バレンタインデー前日に爽太からチョコレートと告白をされた紗絵子が、爽太にメールを送ろうとして削除してしまったメールの文章です。
ここは見ていた視聴者も、ギューーーっと胸が苦しくなる名シーンです。
一筋縄ではいかないところがとてもよかったです。

好きにさせてよ。

―なら私にだって好きにさせてよ。どうせ夜、家に居たって一人で置いとかれるなら、どこに居たっていいじゃん。―

紗絵子が夫に、友達と外泊する許可を承諾してもらう場面。
結婚している女性なら気持ちがわかる場面ではないでしょうか?
たしかに、こんな可愛い子が奥さんで外泊されたらちょっとソワソワしてしまいそう……(笑)結婚していると色んな問題が出てくるんですね~。

またデートしてくれる?

―そっか。お仕事の邪魔は出来ないよ。私も爽太くんのチョコを楽しみにしてるお客さんの一人だから。今日は本当に楽しかった。またデートしてくれる?―

爽太とのデートの終盤、紗絵子が爽太を家に誘うが、断られてしまうシーン。
ここのシーン、男女共に興奮した場面だったと思います!!(笑)
視聴者の方も妄想を掻き立てられた場面でもありました。
しかし、最後の「またデートしてくれる?」は本当に反則です!!!

信じる相手を間違えたからだよ。

―まつりちゃんも色々とあったんだね。辛かったね。でもまつりちゃんは間違ってるよ。まつりちゃんが前の恋で失敗したのは、彼を信じたからじゃないよ。信じる相手を間違えたからだよ。凄く傷ついたからってこの先、闇雲に慎重になっていたら幸せを逃がしちゃうよ。そんな彼のせいでまつりちゃんが幸せを逃がすなんて、おかしくない?先に進まなきゃ、正解も不正解も確かめられないよ。若いウチにどんどん失敗して、未来のために鍛錬を積もうよ。―

まつりが紗絵子に二股していた元彼のことを相談するシーン。
いつも小悪魔的な発言をしている紗絵子が、すごくかっこよく見える場面でした。
この名言で、恋愛に臆病になっていた人たちの後押しになった言葉じゃないでしょうか?
私も恋愛をすることを怖がらないように前へ進もうと思いました☆

愛される努力。

―お菓子だって、味が美味しいだけで十分なのに、それでも売るためには、形や色を可愛くしたり、愛される努力が必要なんだと思うし。意識的でも、無意識的でも人に愛される努力をしている人が好かれるんですよね。―

薫子からメールの返信の返し方を聞かれているシーン。
紗絵子様のごもっともな名言が出ました。(笑)何もしないで愛されたいなんてただのわがままなんですよ、きっと。実際にみんなから愛されてるな~と思う人って影で人一倍の努力をしている人だったりします。中身も大事ですが、お菓子のように見た目もみんなから愛されるように心がける必要もあるんですよね。

まとめ

『失恋ショコラティエ』の紗絵子の名言をご紹介しましたが、いかがでしたか?
紗絵子も無条件に好かれているのではなくて、周りから好かれるような努力を積み重ねてきたんだなと思いました☆
名言を見ると、懐かしくてまたドラマを見返したくなります。2014年に放送された『失恋ショコラティエ』もいまだに女性から人気があるようです!!
ぜひ、ドラマも漫画もチェックしてみてください。
14 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -