「セレステ&ジェシー」の魅力とは?女子が共感できるポイントをチェック

2017/04/06

恋愛観について改めて考えさせられる映画「セレステ&ジェシー」。全米の女子から共感の嵐が巻き起こった大人のラブストーリーです。今回は、映画「セレステ&ジェシー」の共感できる部分にフォーカスしてご紹介します。
「セレステ&ジェシー」の魅力とは?女子が共感できるポイントをチェック

映画「セレステ&ジェシー」のあらすじは?

2012年に公開された映画「セレステ&ジェシー」。
この作品はアメリカで4館のみ公開される予定でしたが女子から共感の嵐が生まれ、そこから大きな反響を呼び586館まで拡大公開された大ヒット映画です。

最高に気の合う親友のようなパートナー、セレステとジェシーの笑いと切なさが入り交じるラブストーリーです。
この映画を見た後は、自分の恋愛観や結婚観に対して考えさせられる作品です。
セレステ(ラシダ・ジョーンズ)とジェシー(アンディ・サムバーグ)は一見理想的な夫婦だが、会社を経営し充実した日々を送る妻セレステに対し、なかなか芽が出ないアーティストの夫ジェシーは、あくまでも自分のペースで生活していた。そんなある日、永遠に親友でいられるようにとセレステの提案で離婚を決意。しかしある出来事をきっかけに、セレステはジェシーの存在の大きさに気付いて……。
冒頭でもお話しましたが、映画「セレステ&ジェシー」は女子が共感できるようなポイントがたくさん登場します。
いい意味で人間臭く、この物語の主人公と自分を重ね合わせて見えたりする部分もあり、女子のリアルな感情が描かれています。

「セレステ&ジェシー」の予告編動画もアップされていますので、気になる方チェックしてみてください!

映画「セレステ&ジェシー」に登場するセレステとジェシーは誰?

■主人公・セレステ役:ラシダ・ジョーンズ

映画「セレステ&ジェシー」の主人公・セレステを演じるのは、ラシダ・ジョーンズ。
会社を経営する仕事が絶好調のやり手キャリアウーマンです。
タイトルは、「セレステ&ジェシー」となっていますが、セレステを中心に物語が進んでいきます。
ある出来事が原因で、一緒にいることが当たり前だと思っていた夫のジェシーの大切さに気づいていくセレステの姿に共感できる女子も多いはず。

そんなセレステを演じるのが、ラシダ・ジョーンズ。
「ボストン・パブリック」、「ジ・オフィス」、「ソーシャル・ネットワーク」など人気作に出演するセレブ女優です。
日本では、映画「セレステ&ジェシー」で人気を集め知名度が上昇しました。

この作品でのラシダ・ジョーンズは、振る舞いや笑顔がとっても可愛く彼女に釘付けになった人もいるのでは?
映画「セレステ&ジェシー」では、彼女の可愛い部分を存分に楽しめる映画です。

■ジェシー役:アンディ・サムバーグ

セレステの旦那・ジェシー役は、アンディ・サムバーグ。
やり手キャリアウーマンのセレステとは違って、ジェシーは売れないアーティスト。
結婚した当初は仲良く、関係は上手くいっていたものの、時間が経つにつれて関係は悪化。

2人の関係は次第に戻りますが、セレステとジェシーは互いのライフスタイルを優先するため別居することになるのです。
別居してもなお親友のように仲の良い2人でしたが、ある出来事をきっかけにジェシーの心に変化が起きます。

ジェシーを演じたアンディ・サムバーグは、コメディアンや俳優、歌手、声優と幅広く活躍しています。
アメリカの国民的バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」を出演を機に、人気に火がつき、アメリカでは有名人なのです。
日本ではあまり見かけたことがないかもしれませんが、多方面で活躍する素晴らしい方なんです。
コメディアンとは思えない演技力に注目です。


また、本作品に登場する人たちも簡単にご紹介します。

ポール:クリス・メッシーナ
主な出演作品は、「夜に生きる」「ジュリー&ジュリア」「デビル」。

ベス:アリ・グレイナー
主な出演作品は、「人生はノー・リターン ~僕とオカン、涙の3000マイル~」「ピンチ・シッター」「運命の元カレ」。

タッカー:エリック・クリスチャン・オルセン
主な出演作品は、「NCIS:LA」「遊星からの物体X ファーストコンタクト」「カレには言えない私のケイカク」。

ヴェロニカ:レベッカ・デイアン

個性あふれる面々の大人なラブストーリーをチェックしてみてくださいね。

映画「セレステ&ジェシー」には、女子が共感するポイントがたくさん登場する!

映画「セレステ&ジェシー」には、女子が共感するポイントが登場します。
今回はそのポイントである共感シーンをいくつかご紹介します!

■恋愛が上手くいかなくなると自暴自棄になってしまう

ある出来事がきっかけでセレステとジェシーの距離は一気に遠ざかります。
その現実に目を背けたくなったセレステは、酒に溺れたり、やけ食いしたり、意味もなくランニングに没頭したり自暴自棄に走ってしまいます。

そんなセレステの姿を見ていると、自分と重ねてしまうほど共感できますよね。
自分の好きな人と距離ができてしまうと、昔の楽しかった思い出がフラッシュバックし、つい現実から目を背けたくなる・・・。
そんなときありますよね。
その心情がとてもリアルに描かれています。

■「私はいつも正しい」という考え方や言い方に共感!

「セレステ&ジェシー」の主人公、セレステは自分の言っていることは正しいという考え方です。
この映画を観て「私もこういう言い方しているな・・・」と改めて考えさせられる作品。
自分自身「自分の言っていることは正しい」と思っていなくても、無意識にそういう考え方だったり言い方になっているかもしれません。

この作品は恋愛観や結婚観だけではなく、人間関係のことや自分自身を見つめ直す良いきっかけを与えてくれる作品です。
恋愛や仕事、人間関係で何かに立ち止まったとき、観てみるといいかもしれません。
客観的に自分自身を見つめ直せる作品ですよ。

■恋愛が上手くいっていると、全ての物事が上手くいく

恋愛が上手くいっているときこそ、物事が上手くいくことが多いと感じることありませんか?

「セレステ&ジェシー」でも、そのような場面が描かれています。
セレステは、ジェシーと上手くいっているとき仕事や人間関係も上手くいくのですが、ジェシーとの関係が悪化した途端、仕事や人間関係が上手くいかなくなります。

「そんなわけないでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、恋愛は私生活にも影響が出るものだと思います。
こういった部分もリアルに描かれているのが、「セレステ&ジェシー」の魅力だと思います。

まとめ

「セレステ&ジェシー」の魅力とは?女子が共感できるポイントを押さえよう!

  • 「セレステ&ジェシー」のあらすじは?
  • 「セレステ&ジェシー」の主要キャスト
  • 「セレステ&ジェシー」には女子が共感できるポイントがたくさんある!
についてご紹介いたしました。

「セレステ&ジェシー」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
全米女子から共感の嵐が巻き起こったと書きましたが、日本女子にも刺さる作品です。
「あー、わかるわかる」と頷きたくなる場面もたくさん登場します。

大人のラブストーリーを観たい方は、ぜひ「セレステ&ジェシー」をチェックしてみてくださいね。
22 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -