不倫にはバレない工夫を!バレない不倫をするのに大事なテクニックを解説

2018/11/14

不倫がバレて修羅場になったことがある、不倫をしているけれどバレないか不安・・・といった人が一定数存在します。そこで今回は、バレない不倫を長く続けるためのテクニックをお教えしていきます。
不倫にはバレない工夫を!バレない不倫をするのに大事なテクニックを解説

不倫をバレないようにするために、世間の人はどんな工夫をしているのでしょうか。

不倫を何度してもバレない人もいれば、すぐにバレてしまう人も。

今回は不倫をバレないようにする方法について紹介します。






不倫がバレないデートのしかた

不倫がバレるとしたら、デートの時の場合もあるのです。

このため、不倫をしながらデートをするのなら、気をつける必要があるでしょう。


知り合いに会わない場所を選ぶ

知り合いに会って、不倫がバレるのはとても多いケース。

例えば共通の知人に会ってしまうと、怪しいとすぐに思われてしまうもの。

職場関連の相手となると、仕事にも支障が出てしまいますよね。

このためデートをするのなら、職場から離れた場所で会うようにしましょう。

少し遠出をするのもひとつの方法。

遠出をする時にも、観光地を選ばずにあまり皆が選ばない場所を選ぶのも良いですね。

地元の人しか行かないような場所を、ネットで事前にリサーチしてみましょう。



街中を歩く時

もし街中を歩くのなら、できるだけ離れてあるくのが必要に。

気が付けば近くにいて話しているようなケースもありますが、知り合いに会ったら大変です。

でもかなり離れて歩くようにすれば、知り合いに会っても大丈夫でしょう。

たまたま近くに歩いていただけだと思われるのです。

「さっき、〇〇さんを見かけたよ」と言われても「へーそうなんだ」と全然気のないフリをしましょう。

ここで「えっ!」と動揺をしたり、会いたかったなと言ったりすると「もしかしたら好きなのかも」と思われてしまうでしょう。



密室デートの方が良い場合も

車に乗り少し遠出をするのも良いでしょう。

密室なら、他の人に見られる確率が減るのです。

密室といっても、様々な場所がありますよね。

例えばオシャレ居酒屋の個室なら、周りに見つかりにくいです。

でも一緒に部屋から出てくる時に見つかる可能性もあるため、少し遅れてお店から出るのも良いでしょう。

カラオケに行くとしても、できるだけ部屋を暗くするようにして、二人で来ているのを知られないようにしましょう。

カラオケで時間を過ごすとしても、あまり長い時間はリスクが高いです。

場所を色々と変えることで、不倫がバレるリスクが減るでしょう。



不倫がバレやすい行動パターン

どのような行動パターンをすると、不倫がバレやすいのでしょうか。

その行動の仕方について見ていきましょう。


相手を下の名前で呼ぶ

相手を名字ではなくて下の名前で呼ぶと、親しいですと言っているようなものですよね。

特に周りに人がいるような時には、名字で呼ぶように意識しましょう。

名字で呼び合えば、ただの知り合いのように思われるケースもあるのです。

でも下の名前で呼び合うとなると、かなり近いイメージですよね。

もしかしたら付き合っているのでは?と思われやすいので、気を付けるようにしましょう。

相手が下の名前で呼んできたら「知り合いが近くにいるかもしれませんので…」と言うようにすると、相手は気を付けるようにするはずです。



会える日にはとても明るい

デートの前日や当日、そして帰宅をしてからとても浮かれているようなところを見られると、不倫をしているのでは…と思われやすいのです。

かといって、あまりクールに振る舞うのも違和感を与えるでしょう。

一番良いのは、できるだけ普段と同じような行動をすること。

なんだかいつもと違うと思われないようにするために、鏡を見てチェックをしてみましょう。

これなら大丈夫!と思っても、まだ甘い面がある可能性も。

会える日や会えた日は嬉しくて笑顔が出やすいですよね。

これに対して自分でコントロールできることが必要に。

笑顔でいたい思いもあるかもしれませんが、気をつけて慎重な振る舞いをしましょう。



不倫をバレないで続けている人の特徴

不倫をバレないままで続けている人もいますよね。

では、どのような人が、不倫をバレないでいられるのでしょうか。




慎重なやりとりをしている

疲れていたりお酒が入っていたりすると、つい慎重ではなくなる人がいますよね。

スマホを自宅に置き忘れてしまったり、付き合っている女性の名前で妻を呼んでしまったり。

こういうことがないように、気を付けながら日々を過ごす人は不倫がバレにくいのです。

これならバレないだろうという過信が、結果としてバレた原因になるケースも。

慎重なやりとりについて、不倫相手には夜はメッセージをしないなど、しっかり約束をして守るのも大切なのです。

連絡がしたくなっても、相手の立場を思ってしないようにする。

これができる人同士なら、不倫をバレずに続けやすいでしょう。

感情だけで走ってしまうようなタイプでも、心の中だけにしておきたいもの。

感情のおもむくままに連絡をとってしまうと、不倫がバレやすくなってしまうのです。



ルールを守るようにする

お互いにルールを決めて、それを守るようにするのが大切です。

ルールを決めたけれど、今日は破っていいだろうと、軽い気持ちになってしまうと不倫がバレることも。

ルールについては、入念に二人で決めるようにしましょう。

付き合い始める前から決めておいた方が良いはずです。

交際をしてからは、高揚をして冷静になれない時もあるでしょう。

このため先にルールを決めておいて、よく話をするようにしておきたいところ。



不倫がバレた時の対処法

不倫がバレたとしたら、どうしたら良いのでしょうか。

もし不倫がバレた時の対処法について見ていきましょう。


知り合いだと言い張る

もし自分の友達と街で出会った時に、不倫相手が年上男性だとします。

この時に相手から「この人は…?」と聞かれるでしょう。

これをいつ聞かれても良いように、相手に対してどのような知り合いなのかを先に決めておくようにしましょう。

逆に不倫相手が知り合いに会った時に、紹介をしなければいけない場面も。

こういう時にどう紹介をするかを決めれば、焦って対応できなくなるようなことはないでしょう。

知り合いだと言い張って、堂々としていれば少し怪しまれてもバレない場合もあるのです。



上手に離れるようにする

不倫がバレたとしたら、どのように相手から離れるのかが重要です。

トラブルになる前に、うまく離れないとお互いが困ってしまうでしょう。

自分だけではなくて、相手にとってのこれからについても考えたうえで、二度と連絡をせずにこれから先もやりとりをしないと決意をするのが必要に。

相手も自分の身を自分で守ろうとするでしょう。

でも不倫相手のことまで守れる状態ではない場合も。

このため、自分の身は自分で守れるような強さが必要なのです。

相手に守ってもらえる、相手を守ろうと思っていると、自分を守れない可能性も。

これから先の自分の未来はとても大切ですから、できるだけ冷静な行動をするようにしたいですね。




まとめ

不倫をバレないようにするためには、痕跡を残さないことが大切。

でも男性によっては、のんびりしているようなタイプもいますよね。

もしこういうタイプと不倫をするのなら、女性側が気をつけるのが重要です。

相手の生活を守るためにも、慎重な行動をお互いにするように意識しましょう。

これで大丈夫と思わずに、まだまだ不安だと思うぐらいでいる方が、不倫はバレにくいのです。

不倫がバレている人の多くは、絶対にこれでバレないと思い込んでいるケースが多いでしょう。

でも実は全然大丈夫ではない場合があるため、二人の関係について客観的に見たうえで、不倫がバレない方法を考えるようにしたいですね。



33 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -