日帰りで美肌に♡~蔵王温泉おすすめの湯~

2016/08/04

山形県・蔵王(ざおう)といえばスキー場のイメージが強いですが、美肌効果が期待できる蔵王温泉のある場所としても人気です。名泉で癒され、美肌まで手に入れられるってお得ですね。蔵王温泉とその近辺で日帰り温泉ができる施設をご紹介しますので、気軽に美肌をゲットしましょ♡
日帰りで美肌に♡~蔵王温泉おすすめの湯~

蔵王温泉はどんなところ? 

山形県山形市南東部、蔵王連峰の西麓にあるのが蔵王温泉(ざおうおんせん)です。標高880mの場所に位置し、近くには有名な山形蔵王温泉スキー場があります。
蔵王温泉は、昔は高湯(たかゆ)と呼ばれていたそうで、同じ山形県の白布温泉と福島県の高湯温泉と共に『奥羽三高湯』の一つとして数えられている名泉です。

蔵王温泉の異名は『姫の湯』、その効能は? 

蔵王温泉の泉質は酸性含硫黄、アルミニウム、硫酸塩・塩化物泉です。強酸性が特徴の温泉です。その効能はきりきず、やけど、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病に効くと言われています。これら効能の他に、肌を白く滑らかにする効果もあるため、蔵王温泉は美肌の湯『姫の湯』という異名を持っているのです。
また、蔵王温泉は一日に8,700トンほど噴き出ていて、豊富な湯量が温泉街を賑わせています。

日帰りの蔵王温泉で大人気!『蔵王温泉 大露天風呂』

『蔵王温泉 大露天風呂』は、温泉街の一番上にある大きな露天風呂で、日帰り温泉として超人気のスポットです。
周りを森林に囲まれた渓流沿いの露天風呂なので、川のせせらぎと緑に包まれて入浴していると、自然の生み出す癒しを全身で受け止めることができます。
豊富な湯量が噴き出る温泉ならではの、源泉かけ流しはとても気持ちよく入ることができます。
蔵王温泉大露天風呂には、戦中の武士がこの温泉で矢の毒を癒し、瞬く間に全快したという伝説もあります。

ここほど大きな露天風呂は他ではなかなか味わえません、ぜひ一度入る価値がある露天風呂です。
<スポット情報>
『蔵王温泉 大露天風呂』
〒990-2301  山形県山形市蔵王温泉18
営業時間:6時~日没(要問い合わせ)
休業日:11月上旬~翌4月下旬 ただし、営業期間中は無休

ウルトラマンに最適な温泉・・・!?『百目鬼温泉』 

『百目鬼温泉(どめきおんせん)』は、農業用の地下水を掘っていたところ、水ではなく温泉が出たため作られた温泉施設です。

百目鬼温泉の最大の特徴は「3分ルール」があるところです!百目鬼温泉の成分が高濃度で、長時間入浴すると湯あたりをしてしまう恐れがあるため、入浴は3分以内と注意書きされています。これが3分ルールです。
しかし、3分入っただけで身体の芯からポッカポカになれるというんですから、百目鬼温泉の効能はやはりすごいですね。
3分ルールの注意書きを見た人が「ウルトラマンに最適な温泉だ」と言うこともあるそうです。
<スポット情報>
『百目鬼温泉』
〒990-2361  山形県山形市百目鬼42-1
営業時間:6時~21時
休業日:毎月第1月曜日

特産品の香りに包まれる贅沢日帰り温泉『りんご温泉』

山形県の西村山郡はりんごの産地として有名なところです。特産のりんごを使った、お肌がツルツルになる温泉が、その名も『りんご温泉』です。

りんご温泉は小高い丘の上に位置し、別館の絶景露天風呂からの眺めは絶景と言われています。
りんごの香りに包まれて、美肌効果意外にも疲労回復にも効く温泉です。贅沢にりんごを使った温泉を楽しんでみませんか?
<スポット情報>
『りんご温泉』
山形県西村山郡朝日町大字宮宿1353-1
営業時間:6時~19時(露天風呂)
休業日:年中無休

入って良し、飲んで良しの薬泉が魅力『山形うわの温泉 天神乃湯』

ヒノキが香る内風呂と、美しい森林の景色を一望できる『山形うわの温泉 天神乃湯(てんじんのゆ)』は気軽に寛げる温泉です。
蔵王温泉の中でも泉質が異なり、また日本でも珍しい石膏芒硝泉という泉質で、地底800mから湧き出る薬泉です。
天然の薬泉なので飲むことで効能が出るそう。肥満症、糖尿病、胆石症などに効くようです。一杯飲んで健康に気を使ってみてはいかがでしょうか?
<スポット情報>
『山形うわの温泉 天神乃湯』
〒990-2303  山形県山形市蔵王上野313-1
営業時間:10時~22時(11月~翌3月は10時30分~21時30分)
休業日:年中無休(ただし、木曜日午前は休み)

登山者にも人気の日帰り温泉『湯の台温泉 鳥海山荘』 

『湯の台温泉 鳥海山荘(ちょうかいさんそう)』は山形県と秋田県にまたがる活火山・鳥海山のふもとにあります。
北に鳥海山、南に月山があり、周りを山々と美しい大自然に囲まれた山荘で温泉を楽しむことができます。
登山者が立ち寄ることも多い温泉だそうで、険しさと美しさを併せ持つ山のお話しを湯につかりながら聞けるかもしれません。温泉での一期一会を大切にしてみてください。
<スポット情報>
湯の台温泉 鳥海山荘
〒999-8207 山形県酒田市草津字湯ノ台66-1
営業時間:11時~21時
休業日:年中無休

蔵王温泉に行ったら寄りたいスポット『御釜』

蔵王温泉に行ったら、美しい景観もぜひ堪能していただきたいです。そんな蔵王温泉の景観と言ったら『御釜(おかま)』です!
五色沼(ごしきぬま)とも呼ばれる火山湖で、水を入れた釜に見えることから御釜と名前が付いたのかは定かではありません。御釜の湖水は火山活動によって時々沸騰していて、より御釜の名前がふさわしく感じられます。湖水の色は常に淡い緑色に濁っていますが、季節によって色調が変わります。様々な季節を通して御釜の湖水の色を楽しむのもいいですよ。
ちなみに酸性の湖水には生物は一切生息していません。
<スポット情報>
〒989-1501 宮城県柴田郡川崎町

まとめ

蔵王温泉と周辺にある日帰り温泉ができるスポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?
気軽に行けるのが日帰り温泉の醍醐味。それでいて美肌までゲットできる蔵王温泉はお得ですね!蔵王温泉の異名にある『姫』のように、気高く美しくなるために温泉で自分磨きをしてみてください。
31 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -