沖縄美ら海水族館の魅力♡家族で楽しめるおすすめエリア

2016/07/29

「美ら海水族館って写真で見たり、聞いたことあるけど行ったことない」って方、今年のお休みは、家族で「沖縄美ら海水族館」に行ってみませんか?写真では表現しきれない美しさが、そこにはたくさん詰まっているんです。また、水族館周辺にも家族で楽しめそうな場所やプログラムがたくさん!そんな「沖縄美ら海水族館」の魅力をご紹介させていただきます。
沖縄美ら海水族館の魅力♡家族で楽しめるおすすめエリア

優雅に空を泳ぐ巨大生物たち『黒潮の海』

美ら海水族館最大の見どころは、『黒潮の海』です。

『黒潮の海』とはギネスブックに認定されるほど巨大が水槽があります。
(2008年にドバイ水族館に更新されました)
ちょっと下がっても、視界の中に全てを納めるのは難しいくらい大きいと評判になっています。

そして、その中を優雅に泳ぐ大きなジンベエザメには、誰しも驚きを隠せないはず。
他にもナンヨウマンタや、サメ、エイなどが泳ぎまわっており、まるで自由に空を泳いでいるようです。
水槽の解説をしてくれる時間もあるので、より楽しむことができます。
15時と17時にはジンベエザメのご飯の時間なので、ちょっとレアな光景が見れちゃいますよ。

沖縄の海の中を再現!『サンゴの海』

この『サンゴの海』は一切の天井がなく、沖縄の日差しがリアルに差し込んでますので
まるで海の中に潜っているような感覚になります。

『サンゴの海』はまるで沖縄の海そのものです。
飼育員さんが自分でもぐって実際見た水中を、そのまま表現しているんです!
沖縄の海に対する愛も感じますね。
また、美ら海水族館はオープンして10年以上経ちますが、まだまだ成長を続けるサンゴが数多くいるそうです。
改めて、サンゴも生きているんだな、と実感できますね。

水深200mの世界へようこそ『深海への旅』

『深海の海』
美ら海水族館『深海の海』では水深200Mの世界を堪能することができます。
この水槽内には約20種類の海の生物がいるそうです。

ほのぐらい雰囲気にちょっとテンションがあがりますね。


『深海の旅 個水槽』
また、『深海の海』の他に個水槽などさまざまな展示があります。
普段は決してみることができない海の生物を見る事ができるので、
子供の自由研究にもぴったりなのではないでしょうか。

華やかなサンゴ礁とは一味違う、静かでちょっと不気味な世界に入り込んでみませんか?

美ら海水族館の周辺にはこんな楽しいところがあったんだ!

美ら海水族館の周辺には楽しめるスポットがたくさんあります。
魚達を楽しんだら、ちょっと外に出てイルカやウミガメ、マナティーなどに会いに行きませんか?

今回は美ら海水族館周辺エリアの中から3つピックアップしてご紹介させていただいます。

ちょっとした注意事項ですが、美ら海水族館に戻る予定の方は、再入場スタンプを押してもらってくださいね。


『イルカラグーン』
『イルカラグーン』ではかわいらしいイルカ達を無料で間近に見る事ができます。
「イルカふれあい体験」や「イルカ学習会」というイベントもありますので、
お子様も喜んでくれるのではないでしょうか。

プール周辺にいると、イルカの動きによって海水がかかる可能性があります。
濡れてもいい!という方のみ前に行ってくださいね。


『オキちゃん劇場』
『オキちゃん劇場』ではかわいらしいイルカ達のショーが無料で楽しめます。
ショーを通してイルカについて解説してくれるので、ちょっとした勉強にもなりますね。

こちらも海水がかかる可能性があるので、注意してください。


『ちびっことりで』
『ちびっことりで』ではお子様がめいいっぱい遊べるスポットがあるんです。
日本最大級のネット遊具で、このネットには「沖縄の海」を表現しています。
さらに場所によって違う海をイメージしており、

『さざ波ゾーン』
『黒潮ゾーン』
『大海原ゾーン』
『深海ゾーン』

の全部で4つに分かれております。
中でも青いネットが一面に広がる『大海原ゾーン』は見て損はないでしょう。
家族でピクニックがてら寄ってみてはいかがでしょうか。

海洋公園エリアの学べて遊べて休めるスポットはここ!

美ら海水族館『海洋博公園エリア』にもさまざまなスポットがあります。
その中から2つだけピックアップし、ご紹介させていただきます。


『おきなわ郷土村・おもしろ植物園』
『おきなわ郷土村・おもしろ植物園』では、昔の沖縄の世界を体験できます。
琉球王国時代(17~19世紀)の民家や村を再現しているそうです。

三線の演奏や伝統的な踊りなども体験できるので
この機会に沖縄の伝統について興味をもってみてはいかがでしょうか。
『夕陽の広場』
『夕陽の広場』では陽に沈む美しい太陽を眺めることができます。
少し遊びつかれた家族にはぴったりの場所ですね。

また、お子様がまだ元気いっぱいの場合でも問題ありません。
『アクアタウン』というお子様が遊ぶのにぴったりな、遊具がたくさん置いてあるスペースもあります。

まとめ

沖縄美ら海水族館の魅力についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
まだ行ったこと無い方はもちろん、1度行った事ある方も再び楽しんでみてはいかがですか?

今年のお休みは沖縄美ら海水族館で決まり!
美しい水槽と優雅に泳ぐ魚達、かわいらしいイルカ達はきっとあなたにとって、家族にとって最高の思い出になるはずです。
38 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -