秋保温泉の観光の楽しみ方・グルメ特集(スポット情報つき)

2016/08/04

宮城県の秋保温泉(あきうおんせん)をご存知ですか?宮城県仙台の中心部からちょっと足をのばすだけで、温泉を楽しむことができるのです。仙台観光のあとに秋保温泉で日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?今回は秋保温泉の基本情報と、観光の楽しみ方をグルメ目線でお伝えします!
秋保温泉の観光の楽しみ方・グルメ特集(スポット情報つき)

秋保温泉はどんなところ?

宮城県仙台市には名湯・秋保温泉(あきうおんせん)があります。

秋保温泉はあの有名な戦国武将・伊達政宗にも愛された温泉で『仙台の奥座敷』と呼ばれています。また、兵庫県の有馬温泉、愛媛県の道後温泉と並び『日本三名湯』の一つとして数えられた名湯でもあります。さらに、同じ宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに『奥州三名湯』としても知られています。
秋保温泉には、平安時代から続く老舗の宿や美人の湯、ドラマのロケに使われることの多い宿があり、魅力がたっぷりつまっています。これだけでも十分に魅力があるのですが、さらに秋保温泉は、仙台市の中心部から車で約一時間で行くことができる場所にあり、アクセスのよさも魅力の一つと言えるでしょう。
それでいて、山々に囲まれて自然を堪能することができ、のんびりとした時間を過ごせます。

温泉を楽しむだけではなく、風情あふれる温泉街を歩くのも趣があります。

気になる秋保温泉の効能

秋保温泉には複数の源泉があります。
そのため泉質も異なってきますが、主な泉質は塩化物泉で濁りのない湯が特徴的です。リューマチ、神経痛、皮膚病、創傷、貧血、婦人病へ効果があるとされています。
皮膚病や婦人病に効果があることから、女子にうれしい美人の湯と知られているのです。
また、秋保温泉の歴史は古く詳しい開湯時期は明らかではありませんが、古墳時代にはすでに存在していたという説もあります。
歴史上には欽明天皇が在位中の531年~539年の出来事に記されています。皮膚病感染をした天皇が、秋保温泉の効能を聞いてその湯を都へと運ばせ沐浴したところ、たちまち治ったそうです。その時回復したことへの喜びを歌に詠んだものが歴史に残っているのです。

名物は朝食ビュッフェ 佐勘のグルメ

秋保温泉では温泉を楽しむ他に、ぜひ食事を楽しみにしていただきたいです。
中でもおすすめは『伝承千年の宿 佐勘(でんしょうせんねんのやどさかん)』。
実は宿泊をしないでも美味しい料理をいただけます。佐勘が誇る美味しさを追求した名物朝食ビュッフェは、8時半から9時半の間楽しめます。
朝食後は、ゆっくり温泉につかって贅沢な一日の始まりを堪能できます。朝食日帰りの場合、温泉の利用時間はお昼12時までです。

<スポット情報>
伝承千年の宿 佐勘
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元
Tel 022-398-2233/Fax 022-398-2168
http://www.sakan-net.co.jp/

老舗の懐石料理に舌鼓 岩沼屋のグルメ

老舗旅館に宿泊するなら贅沢なグルメをいただいちゃいましょう。

『岩沼屋』は創業寛永2年(1625年)の老舗中の老舗です。一人旅でも気軽に泊まれるようにシングルルームもある親切な旅館です。
岩沼屋のグルメで注目はやっぱり会席料理。東北の旬の食材を京料理人の技で仕上げています。
新鮮な魚を使った刺身は脂のノリが違います。
宮城県の高級ブランド牛・仙台牛は舌の上で溶けるようです。
茶碗蒸しはしっかりと出汁を感じることができ、深い味です。

佐勘に並び、岩沼屋もおすすめです。

<スポット情報>
岩沼屋
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師107
TEL 022-398-2011 FAX 022-398-2825
http://www.iwanumaya.co.jp/

豪華な夕食ビュッフェが自慢 ホテル瑞鳳のグルメ

充実した温泉施設がある『ホテル瑞鳳』の夕食ビュッフェはとても豪華です。
via zuiho.jp
via zuiho.jp
ウニの煮こごり、牛すじカレー、タンシチュー、イカのワタ和えといったビュッフェメニューにしては凝ったものから、ふかひれの姿煮、刺身盛り合わせ、アワビのスープ、ズワイガニなどの素材の旨みを味わえるものまで、和・洋・中とバラエティに富んでいます。そのどれもが間違いなく美味しい。忘れずに食べたいのは仙台名物の牛タンステーキです。ライブキッチンになっているので、焼きたてを食べることができます。
デザートも種類が豊富で目移りしてしまいますが、特にチョコレートファウンテンには女子のテンションが上がります。
これだけの品揃えがあると、全品制覇をしてみたくなりますよね。
瑞鳳の夕食ビュッフェは、たっぷり3時間食事をすることができるので満腹かつ大満足になれます。

品数の多さだけでなく、質も満足という点で、ホテル瑞鳳もおすすめの温泉宿です。

<スポット情報>
ホテル 瑞鳳
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字除26-1
TEL 022-397-1111
http://zuiho.jp/

秋保温泉の名物といえば『秋保おはぎ』

女子はスイーツに弱いもの。
秋保温泉には、地元では知らない人はいないと言われるほど有名な名物和スイーツがあります。それが『秋保おはぎ』です。
全国放送のテレビでも度々紹介されることもあって、秋保温泉にやってきた人は買い求めることが多いそうです。秋保おはぎは、もち米を蒸して米粒が残るくらいに軽くつき、丸めたら粒あんで包む、オーソドックスなおはぎ(ぼたもち)です。
きなこ味や黒ごま味など、味にバリエーションもあり、食べ比べしたくなることでしょう。
素朴で絶妙な甘さの味は、一度食べるとまた食べたくなる美味しさです。平日に約五千個、休日には約一万個売れるという評判のおはぎですので、ぜひ秋保温泉に行った際には味わってみてください。

まとめ

秋保温泉を楽しむため、温泉のお話と温泉宿・街で楽しめるグルメをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
仙台中心部から車で約30分ですし、ホテルによっては送迎バスもありますので、車・電車どちらの旅でもアクセスは便利です。
温泉ついでにグルメも楽しめる、欲張りな旅を求めている方には、とてもおすすめできる温泉地、それが秋保温泉です。
27 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -