雪見だいふくの新作「おしるこ」が登場。実食レポート!

2016/12/07

ロッテアイスから雪見だいふくの「おしるこ」が新登場!寒い冬にはぴったりなおしるこ味の雪見だいふく。今回は、おしるこ味の雪見だいふくをもっと美味しく食べられる方法をQrun編集部が追求してみました!
雪見だいふくの新作「おしるこ」が登場。実食レポート!

雪見だいふくの新作「おしるこ」が12月5日に発売されました!

冬の定番アイスと言ったら「雪見だいふく」
寒い季節になると、なぜだか雪見だいふくが恋しくなる・・・。

そんな雪見だいふくから、「おしるこ」が新登場!
白いお餅に包まれたあずきアイスはあずきの煮汁で炊き上げ、こし餡を混ぜ込んだおしるこをそのままアイスにしたような絶品アイスです。
以前からファンの間で、雪見だいふくとおしるこを合わせたメニューが話題となっていたことから開発されたようです。

ありそうでなかった雪見だいふくのおしるこ味。
今回は今話題の雪見だいふくの新作、おしるこ味の美味しい食べ方を検証してみました!

雪見だいふくの新作「おしるこ」のパッケージは遊び心が詰まってます!

雪見だいふくの新作「おしるこ」のパッケージを見ると、おしるこ仕様となっている他にちょっとした遊び心が・・・!
それぞれのパッケージの右上には、ウサギが描かれていて4つのパターンがあるんです。

パッケージに遊び心があると、開ける瞬間や雪見だいふくを手に取った瞬間に「あっ!」という思わず笑みが溢れますよね。パッケージにこだわるところが長年ファンから愛される秘訣かもしれませんね。
こちらのパッケージは、雪見だいふくの新作「おしるこ」の上を滑り台のようにツルンっと滑っているデザイン。
ウサギを見るだけでも、ほっこりな気持ちにさせてくれます♪
こちらでは、ウサギがちょこんっと立っているデザイン。
さりげなくウサギが登場しているのが、キュート!
こちらは、新作の雪見だいふく「おしるこ」の影からぴょこっと登場しているデザインです。
手を振るウサギの姿がたまらなく可愛いですね。
こちらは「おしるこ」と書いている札を持っているようなデザイン。
ウサギのフリフリしたお尻が、可愛いですね♪

雪見だいふくの新作「おしるこ」の食べ方を色々試してみました!

■まずはそのまま雪見だいふくの新作「おしるこ」を食べてみました!

まずはそのまま、雪見だいふくの新作「おしるこ」を食べてみました。
パッケージを剥がすと、「これこれ!」と言いたくなる白いまんまるなアイスが姿を現します。
いつ見ても、美味しそう・・・!
雪見だいふくの新作「おしるこ」を、二つに割って中身をチェック!
淡いあずき色をしたアイスには、あずきの粒が入っています。
見た目から「おしるこ」の感じが漂っていますね。

中身をチェックした後は、Qrun編集部でお味チェックです!
しっかりとおしるこの味が感じられる美味しさで、あずきの粒が甘さをより引き立ててくれます。
さらにあずきの粒があることで、なめらかなアイスの中に食感出て美味しさがアップ!
そのまま食べても絶品です。

■雪見だいふくの新作「おしるこ」を10秒レンジでチンしてみた!

今回は、雪見だいふくの新作「おしるこ」をレンジでチンしてみました。
こちらは10秒間チンしたもの。

見た目はあまり変わりませんが、ツンツンしてみると少し柔らかくなっています。
中を割ってみると、ちょっとだけ溶けたアイスが姿を現します。

食べてみると、アイスが冷たい部分と温かい部分があり絶妙な味わいに。
餅の部分はレンジで温めたせいか、甘さがより増して柔らかくなっていました。
柔らかくした雪見だいふくが食べたい人は、10秒レンジでチンをおすすめします。

■雪見だいふくの新作「おしるこ」を20秒チンして食べてみました!

お次は、雪見だいふくの新作「おしるこ」を20秒間レンジでチンしてみました!
見た目は、餅の表面にツヤが出ていますね。
触れてみると、触れるだけで今にも餅が破けそうなくらい柔らかいです。
雪見だいふくの新作「おしるこ」を割ってみると、とろっとあずきのアイスが流れてきました!
見た目から、まったく別物な食べ物です。

食べてみると、外はもっちり、中はとろっとしていて美味しい!
温かくしているので、甘さがより引き立ち甘党好きにはたまらない食べ方です。

■さらに雪見だいふくの新作「おしるこ」を30秒チンして食べてみました!

さらに、雪見だいふくの新作「おしるこ」を30秒間チンをしてみました!
出来上がりは、餅が破けアイスが流れ出ています。

食べてみると、まろやかで甘さが際立つおしるこ!!
餅の部分も溶けているので、口の中に入れるととろけます。

雪見だいふくの新作「おしるこ」の美味しい食べ方の結果は・・・

今回は、雪見だいふくの新作「おしるこ」の美味しい食べ方を検証してみました!
結果は・・・、


「そのまま食べるのが美味しい」


という結果になりました。(Qrun編集部全員で決めました)

10秒間レンジでチンして食べるのも、冷たさと温かさが絶妙で、餅ももっちりしていて美味しいです。
あずきのアイスを温めることで甘さが際立ちますので、甘党の方にはおすすめできる食べ方でした!


「少し柔らかくなった雪見だいふくが食べたい!」という方は、お部屋に雪見だいふくを数分放置して食べてみるのが良いかもしれません♪

結果をまとめてみると、
  • 10秒レンジでチンすると、冷たさと温かさが絶妙で美味しい!
  • 20秒レンジでチンすると、餅がもっちり、アイスはとろける絶品スイーツに!
  • 30秒レンジでチンすると、餅が破けおしるこに変化!
  • 結果、そのまま食べるのが一番ベスト!


あくまでもQrun編集部内での意見です!
ぜひ皆さんも色んな食べ方に挑戦してみてはどうでしょうか?

雪見だいふくの公式HPでは、雪見だいふくのオリジナルレシピも掲載されているので、こちらを参考にしてみてくださいね!

今年の冬は、雪見だいふくの新作「おしるこ」でほっこりな気分になりましょう♪


【雪見だいふくの公式HP】
http://www.lotte.co.jp/products/brand/yukimi/
38 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -