秋だ!祭りだ!東北に出かけよう!

2016/08/05

涼しくなって足取りが軽くなる秋は、連休もあり、お出かけの季節でもあります。秋のお出かけに、東北はいかがですか?伝統的なお祭りから個性的なものまで、ワクワク盛り上がること間違いありません!
秋だ!祭りだ!東北に出かけよう!

2つの顔を持つお祭り~川内八幡宮例大祭【青森】

青森県むつ市の『川内八幡宮例大祭』は、少なくとも300年以上前から行われている歴史の深いお祭りです。
大神楽や御神輿、等身大の尊像を乗せた5台の山車が、豪快優美に、祇園調のおはやしにのって練り歩きます。

夜になると、山車は額替えを施し、明かりをまといます・・・
昼間の古式ゆかしい雰囲気とは一変、エネルギッシュな山車となります。
さらに、花火も打ち上げられ、盛り上がりは最高潮に!

このお祭りは2つの顔を持つので、一日中飽きること無く楽しむことができます。

夏だけじゃない~大曲の花火・秋の章【秋田】

日本だけでなく、世界的にに有名な大曲の花火大会は夏だけではありません!
秋にも同じ大曲市で行われるのが、『大曲の花火・秋の章』です。

空気が澄み始めた秋の空に花火が打ち上がる姿からは、夏の花火とはひと味違った美しさを感じることができます。
花火の見納めに秋の章を見に行くという人も多いのだとか。

ちなみに2015年に開催された秋の章の副題は『飯田物語「紅×黒」』でした。
2016年は10月8日に開催予定で、副題には『あおのものがたり』がつけられています。2016年の秋の章は、幻想的な花火が鑑賞できるのではないかと予想されています。

本場のプライドを感じる~本場大館きりたんぽまつり【秋田】

秋田県を代表する食のイベント『本場大館きりたんぽまつり』は、大館市で生まれ、育てられ、守られてきたきりたんぽの文化を次世代へ繋いでいくことをコンセプトにしたイベントです。
「来て 見て 食べて 本場堪能」をキャッチフレーズに、きりたんぽの味や本場ならではのおもてなしを体験できます。
イベントでは『きりたんぽグランプリ』に投票したり、音楽、ダンスなど様々なステージイベントが行われる予定です。

2016年は10月8日から10日まで開催予定です。

400年以上続く花巻で最大のイベント~花巻まつり【岩手】

岩手県で行われる『花巻まつり』は、400年を超える歴史のあるお祭りです。
豪華絢爛な風流山車がその華麗さを競ったり、100基余りの神輿パレードからは熱気がみなぎってきたりと見どころが満載なお祭りです。
郷土芸能・鹿踊の群舞、気品がある花巻ばやし踊りなど、伝統的なものにも触れることができます。

2016年は9月9日から11日まで開催予定です。

日本一はダテじゃない!~日本一の芋煮会フェスティバル【山形】

山形県山形市で行われる『日本一の芋煮会フェスティバル』は、山形が誇る一大イベントです。

芋煮会フェスティバルの大きなポイントは3つ。
1つ目はイベントの象徴となる直径6mの大鍋で約3万食の芋煮を一度に調理します。その大鍋の大きさは圧巻です!
2つ目は大型重機が調理道具になること。大鍋に具材を入れたり、混ぜたりするには一筋縄ではいきません。大鍋と大型重機で作る料理に注目です!
3つ目は美味しい地元食材を使っているところ。もちろん大鍋のために食材の量はトンで表せるほど大量です!

美味しい芋煮を食べることができるイベントは必見です。
2016年は9月18日に開催予定です。

音楽は野外で楽しもう~定禅寺ストリートジャズフェスティバル【宮城】

宮城県仙台市で毎年9月に行われる『定禅寺ストリートジャズフェスティバル』は、本来音楽は野外でやるものというコンセプトから、音楽家や商店街の店主、定禅寺通りに関わる人が立ち上げたイベントです。
ジャンルはジャズだけにとどまらずロック、ゴスペルなど様々。参加者観客の世代は幅広く、誰もが楽しめるイベントとなっています。

2016年は9月10日・11日に開催予定です。

観客も踊って楽しめる!~みちのくYOSAKOIまつり【宮城】

宮城県仙台市で行われる『みちのくYOSAKOIまつり』は、仙台の秋の風物詩として定着してきているお祭りです。
北海道から関西まで参加チームが広がり、広域的なお祭りに成長しています。
高知発祥の「よさこい祭り」をモデルとして、手に「鳴子」という楽器を持って踊ることをルールとしています。
踊り手がその踊りを競うのを見るのはもちろん盛り上がりますが、このみちのくYOSAKOIまつりの特徴「総踊り」の時間も楽しめます。踊り手だけではなく、観客も自由に参加できる踊りの時間なのです。

2016年は「東北(みちのく)はひとつ!日本一のまつりをめざそう!」をテーマに、10月8日・9日に予定されています。仙台市内7つの会場で開催されます。

昼・夜2つの「行列」が楽しめる~会津まつり【福島】

福島県会津若松市で行われる『会津まつり』では、総勢約500名で構成される武者姿の人たちによる『会津藩公行列』が行われます。
鶴ヶ城本丸にて出陣式が行われると、行列は街中へ出発、各所で奴隊による毛槍による所作なども披露されて、沿道から歓声が上がります。
夜には、近隣の子ども会の子どもたち10,000名が提灯を手に練り歩く、『提灯行列』も行われます。ゆらゆら揺れる提灯に願いを込めているそうです。

会津まつりは、2016年は9月25日に予定されています。

菊の総株数は3万株にも~二本松の菊人形【福島】

福島県二本松市には藩政時代から菊の花の愛好者が多く、昭和初期から菊人形が街を飾ってきました。
昭和30年頃から現在の『菊の祭典』として趣向を変え、福島県立霞ヶ城公園(国指定史跡『二本松城跡』)を会場に艶やかな菊の花がところせましと飾られるようになりました。
開催される季節と相まって色づく紅葉も見ることができ、菊の花との共演も楽しむポイントです。

2016年は10月10日から11月23日に開催予定です。

まとめ

東北で秋に開催される祭りの見どころを一挙にご紹介しましたが、いかがでしたか?気になるイベントやお祭りは見つけられたでしょうか?
夏が過ぎ、お出かけしやすくなる秋です。今年の秋は、お祭り三昧で過ごすというのもいいかも?
26 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -