『君の名は。』おもわず涙がこぼれる…あなたはもう見ましたか?

2016/09/07

大ヒット上映中の映画『君の名は。』。美しく描かれる風景と、魅力的なキャラクター達が織りなす切なくも愛おしい物語に見た人々は心から感動したのではないでしょうか。今回はそんな映画『君の名は。』をご紹介します。
『君の名は。』おもわず涙がこぼれる…あなたはもう見ましたか?

映画『君の名は。』に心を掴まれる人続出。

2016年7月3日に全国東宝系で公開された『君の名は。』
今回監督を務めた新海誠さんは、『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』などを世に送り出してきた気鋭のアニメーション映画監督です。
精緻な風景描写と男女の物語を美しい色彩や繊細な言葉によって紡ぎだし、国内外を問わず大きな影響をおよぼしてきました。

待望の最新作となる『君の名は。』は夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と奇跡を描き、
すれ違う二人の隔たり、そして繋がりから生まれる"距離"のドラマを圧倒的な映像美とスケールで表現してます。

そんな『君の名は。』を見た人たちからは、その心からの感動の余韻から未だに抜け出せないという声が続出。
映画の登場人物達が食べていたもの、身に付けていたもの、さらに登場人物達が使っていた似ているアプリをダウンロードするなど、『君の名は。』影響はかなり大きいとされています。

1度見るだけでなく、2度3度見に行ってしまう人もいるそうです。

それもそのはず。
この映画『君の名は。』は、新海誠監督以外にも日本最高峰の人たちが集まって作り上げているんです。
まず「千と千尋の神隠し」など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、安藤雅司さん。
「心が叫びたがっているんだ。」などで新時代を代表するアニメーターとなった田中将賀さんをキャラクターデザインに迎えるなど、人々の心をつかむスタッフが集結しています。

さらに声の主演として男の子役にひときわ異彩の放つ演技派俳優・神木隆之介さん。
ヒロイン役にオーディションでその役を射止めた上白萌音さんが起用。
若者の心の叫びを代弁してくれました。
さらに長澤まさみさん、市原悦子さんなど、豪華キャスティングとなりました。

『君の名は。』の裏側を知れる64ページにも渡る特集が!

新海誠監督の新作映画『君の名は。』
美しい映像と物語の裏側を知りたくありませんか?

2016年月刊「MdN」10月号には『君の名は。』の裏側がたっぷりと詰まった大特集が64ページにわたり公開されます。
特集内容の一つである主要スタッフインタビューでは、新海誠監督からは本作のキャラクターたちに込めた想いが語られています。
スタッフインタビューはそれだけではありません。
作画監督の安藤雅司さん、キャラクターデザインを担当した田中将賀さん、美術監督である丹治 匠さん・馬島亮子さん・渡邉 丞さんに、色彩設計を担当した三木陽子さんといった主要スタッフの多くの方が、映画対する思いを答えてくれています。

さらに美しいギャラリー、キャラクター設定表など、
映画だけでは描き切れない細かな所を丁寧に特集しています。

月刊「MdN」10月号:http://www.MdN.co.jp/Magazine/

〈電子版取り扱いストア〉
Kindleストア: https://www.amazon.co.jp/dp/B01HPLSZDA/?tag=mdndi-22
Newsstand: https://itunes.apple.com/jp/app/yue-kanmdn-emudienu/id794775229?mt=8
楽天Kobo: http://books.rakuten.co.jp/rk/aa96dc3c72d136449b7fbfeeaf09a2c7/
マガストア: http://www.magastore.jp/product/36469
雑誌オンライン+BOOKS: http://www.zasshi-online.com/magazine/ProductDetail/?page=1&dcode=MdN1160906&dpage=1
※電子版の価格・仕様・動作環境等についての詳細は販売ストアにてご確認ください

まだ『君に名は。』を見てない方へ。

まだ見てない人へ。
映画『君の名は。』がどういったストーリーなのか、簡単に説明させていただきます。
まずは公式サイトにある予告動画をご覧ください。

「君の名は。」予告2

【あらすじ】

千年ぶりとなる水彗星の来訪を一ヶ月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉(みつは)は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、
三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた。

出会うことのない二人の出会い、運命の歯車が、いま動き出す。
美しい映像美と、切なくも愛おしい物語は、きっとあなたの心も掴んで離さないはず。
ぜひ映画館で大切な人と一緒に見てくださいね。

まとめ

今回は大ヒット上映中『君の名は。』についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
近くて遠い距離が織りなす切なくも愛おしいストーリーと美しい映像美、そして繊細な言葉。

そんな"新海誠ワールド"にきっとあなたも心から感動してしまうはず。
18 件

この記事が気に入ったらシェアしてね♪

- 関連するタグ -